活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2017年05月26日活動記録

議院運営委員会(意見表明)






本会議散会後に再開された議員運営委員会では、
組織犯罪処罰法改正案、いわゆる共謀罪法案に
ついて、これを5月29日の参議院本会議の議事
日程とすることについて協議しました。

その中で、急なことでしたが、会派を代表して
意見表明を行いました。もちろん、原稿はありません。

参議院は、衆議院から法案が送付されて60日
以内に結論を出さねばならない宿命があるため、
これだけ問題点の多い法案は、総理出席の下、
開かれた国会の場で審議し、問題点を明らかに
したうえで、廃案にすべきとの立場で意見表明を
行いました。

しかし、その前に、議運委員会の再開時刻を指定
したはずの与党委員が複数名遅刻したため、再開
時刻が遅れたことに対し、冒頭、抗議の意を表さざるを
得ませんでした。一強体制の緩み、驕りに他なりません。

共謀罪法案は、衆議院法務委員会では参考人
質疑を除けば、たった30時間で質疑終局動議が
出され、採決が強行された法案です。

また、委員会運営に問題があるのみならず、法案
そのものにも幾つもの矛盾点が存在しています。
これらについても具体例を挙げながら、意見表明を
行いました。

昨年12月14日に引き続き、急な意見表明でしたが、
立法府に身を置く者の一人として、後世で参照され
続けることになる会議録に残すべく、言葉を繋ぎました。

2017年05月26日活動記録

議員総会




議運理事会、議運委員会後の議員総会で
いつもどおり議運報告として議事日程等の
説明をしていたときは、議運委員会が再開
になるとは予想だにしていませんでした。

本会議では、皇室典範特例法特別委員会
の設置と議了案件の処理を行い、散会となり
ました。

普段の本会議当日の流れは以下のとおりです。

9時30分 議院運営委員会理事会
9時40分 議院運営委員会
9時50分 議員総会で議事日程の報告
10時00分 参議院本会議

衆院では、本会議前に行われる議運委員会は
散会していますが、参院の場合、本会議前の議運
委員会は暫時休憩として、本会議に入ります。

よって、普段は本会議散会後、議運の与野党
筆頭理事が議運理事会、議運委員会ともに散会
することを確認し、最後に議運委員長が散会し、
議運委員会は再開されないのが通常のパターンです。

他方、本会議散会後も議運理事会、議運委員会が
休憩の状態であるということは、いつ再開があっても
おかしくないということになります。

この日は本会議散会後に議運理事会を再開
するとともに、議運委員会も再開することとなりました。

本会議散会後の議運委員会は、与党が議運理事会で
指定した時刻でしたが、与党の複数委員がその時刻に
間に合わず、予定の時刻より6分も遅れて再開するという
事態になりました。

一強状況の議会がそうさせているのであれば、
非常に残念なことですので、与党に対し抗議の意を
申し上げました。

2017年05月24日活動記録

議員総会





今回の本会議では、今次国会で2回目となる
国会同意人事と議了案件の採決を行いました。

昨年の臨時会では、衆参両院で早々に
国会で同意しているにも関わらず、任期が
切れたままにしていた役職があり、これに
気づいて議運理事会で指摘したところ、
内閣側も把握していなかったことが発覚する
という出来事がありました。

その後、国会同意人事で同意された人事
案件については、就任状況をそれぞれ必ず
把握するなどしていただいていますが、昨年
のことを思い出しながらの採決でした。

ちなみに、国会同意人事の採決は、衆参同日、
もしくは衆議院が先に行うことが多いのですが、
今回は参議院が先に採決した例となりました。

2017年05月20日活動記録

参議院70周年記念植樹





参議院70周年祝賀会に先立ち、記念植樹が
行われ、議長、副議長とともに出席しました。

国会前提に河津桜の木を植樹しましたが、
現行憲法下で誕生して70年を迎えた参議院が
10年後、国権の最高機関として、良識の府たり
得ているだろうか、自由で闊達な議論が行われて
いるだろうか、ということに思いを馳せました。

現在、一強体制の中で、行政府の下に隷属して
いるかのような立法府となっていますが、参議院が
良識の府として存在すべく、議会人のひとりとして、
これからも努力を続けてまいります。

2017年05月15日活動記録

モロッコ王国参議院議長一行参議院訪問






参議院招待により来日したモロッコ王国
参議院議長一行が参議院を訪問され、議長、
副議長、議運委員長とともに私も議運理事と
して懇談に出席しました。

我が国の参議院議長は、今年1月、モロッコ
王国を訪問しており、その謝意を表すとともに、
両国の議会間交流の活性化について検討を
進める旨、発言されました。

これに対し、モロッコ王国の参議院議長は、
モロッコ王国がアフリカ大陸の入り口としても
大きな可能性を秘めていること等について触れ
ましたが、私が印象に残ったことはその後、議長
公邸で同席したモロッコの議員と話していて、
感じたことでした。日本ももっと頑張らないと。。

2017年05月12日活動記録

国会見学






北海道から、福井から国会見学にお越し
くださいました。国会日程や地方日程との
関係で、ゆっくり意見交換することは叶い
ませんでしたが、短時間でも有意義な
やりとりをすることができました。

私にとって、今は日常の議事堂ですが、
初めて国会議事堂を見たときの、そして
議事堂や議場に入ったときの気持ちを
いつも忘れないように心がけています。

そして、そんな思いで見学にお越し
くださる皆さんをお迎えしています。

2017年05月12日活動記録

議員総会




議員総会では普段どおり、淡々と当日の
本会議の議事日程について説明しています。

議運理事会に至るまで、またそれ以降も、
それ以外にもたくさんの出来事がありますが、
一つひとつ丁寧に対応することを常に心がけ
ています。

2017年05月10日活動記録

議院運営委員会(国会同意人事)



  • 人事官候補者所信



本会議後に再開された議院運営委員会では、
普段の議長応接室ではなく、第3委員会室において
国会同意人事の所信聴取と質疑が行われました。

内閣から国会に提示された国会同意人事案件
のうち、人事官や公正取引委員会委員長などの
候補者については、議院運営委員会を開会して
その所信を聴取し、質疑を行うこととしています。

今回の国会同意人事案件においては、議運委で
所信聴取の対象となっている人事官、ならびに
原子力規制委員会委員長候補者が含まれており、
所信聴取と質疑を行いました。

私たちの会派は、各人に対し、2人ずつの質疑
割当てがあったこともあり、私は人事官候補者に
対して最後の質疑者として10分の質疑を行いました。

今回提示された人事官候補者は、現人事院総裁
である一宮氏でしたが、4年前に人事官として国会が
同意している候補者でもあります。

よって、前回、4年前の所信質疑の委員会会議録を
眺めつつ、最近の人事院勧告に記載され、昨年の
常会冒頭で法改正されて導入されたフレックスタイム
制の運用把握状況、評価制度に対する現状認識に
ついて見解を問いました。

〇人事官候補者に対する質疑

1.平成27年人事院勧告に候補者が人事院総裁として
書き込んだフレックスタイム制は、平成28年常会冒頭
で法改正により拡充されたが、国家公務員分について
その運用状況を把握しているか
2.4年前の所信質疑で、候補者は能力・実績主義に
基づく評価制度の徹底について、処遇とあわせて検証
していきたいとしていたが、この4年で行ったのか
3.4年前の答弁で、評価制度について候補者は「まだまだ
現場が不慣れである」としたが、本日のやりとりで
「慣れてきたところ」とあったが、この4年間で人事評価
制度は馴染んだと考えるか
4.国家公務員における人事評価制度の在り方に対する見解

2017年05月09日活動記録

財金部門等合同会議





財金部門等合同会議では、同志社大学の
浜教授から状況は変わる、変えられるという
思い、これに伴う実感について具体的にお話を
うかがいました。

本題としては、「国家予算が消滅する日、透明性
の2つの意味」と題して、現在、政府が富の創出
から分配に政策の方向性を変えざるを得なくなって
いるのは、思うような経済運営ができていないこと、
縮小均衡から分配政策を訴えざるを得なくなっている
こと等について、具体的な話を交えてお話いただきました。

特に印象に残ったのは、このままいくと、来年に
日銀国債残高が日本のGDPを超えそうになっていること、
だからこそ、GDPの統計方法(国民経済計算)の方法を
変更してまで、足もとのGDPを良く見せようとしているの
ではないか、とのことでした。

私は、3月9日の総務委員会で、GDPの計算方法が
ひっそりと変更され、計算方法が変更されてから一気に
政府の数値目標に近付いていることを指摘
したことも
あり、特に興味深く聞き入りました。

さらにもう一点だけ挙げるならば、今年の施政方針演説
から「財政健全化」に関するテーマが完全に外されていた
ことと、ここから先に予想される展開についてです。

行き着く結論の一つとして考えられるのが、国民に
見える形の国家予算が消滅するおそれがあることです。
「アベノミクスは失敗したわけではありません。道半ばです」と
されているアベノミクスの先行きを注意深く追っていきたいと
思います。

2017年05月02日活動記録

総務委員会で質疑(4/25)






総務委員会で質疑に立ちました。

電波法及び電気通信事業法の
一部を改正する法律案の質疑です。

40分の質疑時間で、電波利用料の歳入
歳出の累積差額の推移とその使途の在り方、
平成25年改正で使途に追加された事業の
進捗と防災行政無線整備との関係、さらには
3月15日に最高裁大法廷で違法判決が出された
GPS捜査の在り方と携帯電話の位置情報との
関連等について、取り上げました。

電波利用料制度は、平成5年に創設された
制度で、3年を1期間として、その期間に必要と
見込まれる電波利用共益費用を、同期間中に
見込まれる無線局で負担するものとして、3年
ごとに見直しが行われ、法改正となっています。、

最初に歳出を決めてから歳入である利用料
の料額を決めるため、携帯電話等の爆発的
増加に伴い、その収入は右肩上がりです。

よって、改正の度に、何らか使途の追加が
なされている状況ですので、それが無線局
全体の受益に資するものなのか、進捗がどう
なのか、一般財源で行う施策との区分はどう
なのか、という観点から質疑に臨みました。

他には、GPS捜査の違法判決と携帯電話の
位置情報を使ってのGPS捜査にガイドライン
改正のみで道を開いた件について、法務省と
警察庁の見解を質しました。

いずれ、国会質疑録コーナーに詳細をアップ
したいと思いますが(これまでの分、ようやく
編集が追いつきました!)取り急ぎ、pdf版の
議事録をアップいたします。

よろしければご覧下さい。


○電波法及び電気通信事業法の一部を改正する法律案(質疑項目)

1. 電波利用料の歳入歳出差額と使途追加事業の現状
2. 防災行政無線の整備とデジタル化の現状
3. 「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」改正(平成27年6月)に伴う携帯位置情報とGPS捜査利用
4. 不法電波監視と携帯電話等通信抑止

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー