活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2018年04月08日活動記録

神戸淡路鳴門自動車道全通20周年記念式典






神戸淡路鳴門自動車道は、1998年4月の全線
開通以来、今年4月5日で20周年を迎えました。

その記念式典に出席してきましたが、私にとって
神戸淡路鳴門自動車道、特に20年前に明石海峡大橋が
開通したことはとても大きなことでした。

当時、私は大学4年生。四国の徳島から関西の大学に
進学したのは1995年4月で、明石海峡大橋は開通前
でしたので、四国〜本州間は、フェリー、もしくは
高速船で移動するしかありませんでした。

ですので、大学から実家の徳島に帰省するのはちょっと
した旅行でした。当時の下宿から高速船乗り場に辿り着く
までに2時間以上かかり、そこから高速船で移動。高速船は
その名の通り、速度を出すために軽量化されていますので、
ちょっとした風で海上で木の葉のように揺れましたが、帰省
するには欠かせない交通手段でした。

それが明石海峡大橋の開通によって、本州から四国まで
陸路で移動することができるようになったのです。私に
とって画期的なことでしたし、開通したばかりでコンク
リート埃が舞う中、偶然にも両親は明石海峡大橋を関西
から四国方面に向かって通っています。

明石海峡大橋が開通してから残りの大学生活、そして
関西勤務だった会社員時代と徳島への帰省が格段にし易く
なりました。ただ、一方で高速船が廃止になるなど、他の
交通機関への影響があったことは否定できない事実ですし、
徳島から関西圏が日帰り可能になったことでストロー効果が
出てしまったことも事実です。

参議院選挙で合区対象県になるなど、徳島県の人口減少が
止まらない中、橋の効果をいかに活かすか、という視点での
施策は欠かせませんが、いずれにしても私にとって、神戸
淡路鳴門自動車道が開通して20年は、大きな節目でした。

最後に。4月とは到底思えないほどとても冷たい風が吹き
続ける中、空港からの送り迎えと写真を撮ってくれた父に
感謝です。式典関係者の皆さまにとっても、想定を超える
寒さだったと思います。本当にありがとうございました。

2018年04月06日活動記録

KDDI労組新入社員説明会





KDDI労組の新入社員説明会後に開催
された歓迎会に出席させていただき、
挨拶の機会をいただきました。

約20年前、私も初々しい新入社員だった
ことを思い出しながら、新入社員に刺激を
受けたひとときでした。これから先、どう
なろうとも初心忘れず頑張ります。

2018年04月05日活動記録

総務委員会で質疑(3/29)






総務委員会で質疑に立ちました。

国会承認事項であるNHK予算案についてです。

初当選以来、一貫して総務委員会に所属させて
いただいていますが、総務委員会での初めての
質疑がNHK予算案であったこと、2期目に当選
させていただいた直後の予算案審議が前会長の
下で大混乱したことなど、思い入れが特に深い
かもしれません。

NHK前会長の下で、全会一致のNHK予算案承認が
崩れ続けましたが、昨年、新会長の下でようやく
全会一致の原則に戻りました。

新会長体制の下で2回目となる予算案審議では、
次期経営計画も提示されました。その最初の項目に
掲げられたのが、「公共放送から公共メディアへの
進化」です。

そこで、公共放送と公共メディアの違い等について
会長に見解を質すとともに、現会長が経営委員、かつ
監査委員だったときに受信料値下げが議論された際の
状況と当時の発言との整合性について確認しました。

さらに、受信料徴収現場の実態について把握しているかを
問い、昨年の最高裁判決時のNHKコメントも引用しながら、
トラブルが頻発すれば、契約・収納活動の信頼性が揺らぎ、
受信料制度そのものへの国民・視聴者の不信を招きかねない
ことなどを指摘しました。

〇平成30年度NHK予算案(質疑項目)

1.NHK次期経営計画[NHK会長]
・公共放送と公共メディアの違い
・「公共」についての見解と公共放送としての社会的使命
・公共放送が提供すべきインターネットサービス
・本来業務発言と放送法、立法府との関係
・受信料制度との整合性とその在り方

2.平成29年度予算案における受信料を巡る対応[NHK会長]
・平成28年11月の受信料引き下げ提案を巡る混乱
・監査委員として発言した内容との整合性

3.受信料徴収の在り方[NHK会長]
・受信料徴収の現場の実態に対する見解
・受信料最高裁判決と受信料制度の意義

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー