活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2017年12月17日活動記録

総務委員会で質疑(12/7)






総務委員会で質疑に立ちました。

11月30日の総務委員会で大臣の所信的発言を
聴取し、これに対する質疑です。特別国会の会期が
12月9日までであり、今国会における総務委員会での
質疑は、この1回のみですが40分の質疑に立ちました。

3月9日の大臣所信に対する質疑で、総務省が所管する
統計行政を取り上げており、11月30日の大臣の所信的
発言の中にも統計行政の割合が比較的多かったこと、政策
評価との関連においてもその言及があったことから、再び
統計を取り上げることとしました。

政策立案の基礎となる統計等データが不正に操作されては
ならないことや、行政記録情報や行政文書が正しく保管されて
いないことには、間違った政策立案が行われることになること
から、森友学園問題の行政文書管理状況や経産省の統計不正
操作事案などを例に政府の見解を質しました。

そして、最後に国会初質問時から継続的に取り組んでいる
就職氷河期世代を取り巻く問題について、まずは現状を
正しく把握し対策を講じる必要性について、統計の側面から
取り上げました。

○大臣所信に対する質疑(質疑項目)

(1)政策評価と統計におけるEBPMの推進[総務省、内閣官房、内閣府]
1-1. EBPMにおける統計等データ(内閣官房)
1-2. 行政記録情報と行政文書(総務省、内閣府)
1-3. 公文書管理に関する行政評価・監視(総務省)

(2)統計不正操作事案[経産省、総務省]
2-1. 経産省における統計不正操作事案(経産省)
2-2. 商工中金における統計不正操作事案(中企庁)
2-3. 統計承認後のチェック手法の検討状況(総務省)
2-4. 統計調査等一斉点検結果(総務省)

(3)統計等データと2040年頃の行政課題[総務省、財務省、内閣府]
3-1. 就職氷河期世代が国税・地方税に与える影響額試算(財務省、総務省)
3-2. 就職氷河期世代のひきこもりに関する実態調査の現状(内閣府)
3-3. ひきこもりの長期化・高年齢化が地方行財政に与える影響(総務省)
3-4. EBPMに基づく統計等データ取得と政策立案の必要性(総務省)

2017年12月16日活動記録

九州地方にて






12月9日に特別国会が閉会しました。

民進党の今後については、会期末までは議論に
加わったこと、考え方も思いも変わらないこと
から、あとは党内の議論にゆだねることとし、
私は予定どおり、全国各地にお伺いする日程を
優先しています。

特別国会の閉会時点で、民進党に党籍を有する
国会議員は60名。うち、最も近いと言われる国政
選挙は2019年の参院選になりますが、次期参院選
に挑戦する現職は、今のところたった10数名。

現在は、参議院が主体の民進党である
にも関わらず、たった10数名なのです。

なぜなら、前回改選時の2013年の第23回参院選で
当時の民主党は歴史的大惨敗を喫したため、多くの
仲間が議席に届かず、結党以来の最低獲得議席だった
ためです。

国会の一強状況を打破するためには、次期参院選で
野党が議席を伸ばすことでしか、緊張感とバランスある
国会を取り戻すことには繋がらないのですが、選挙まで
残された時間が十分あるとは言えないのが現実です。

色んな思いを抱えながらですが、民主党が大逆風の前回
選挙においても、平場で何も発言しませんでしたから、
今回も今のところは議論の行方を見守りつつ、国政報告に
動き回りたいと思います。

こんな情勢でも温かく支えていただける先輩や
後輩の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

2017年12月08日活動記録

国会見学





いつもお世話になっている多くの先輩方が
埼玉各地から国会見学にお越しくださいました。

普段よりまとまった時間をいただいて、現在の
党を取り巻く状況やこの間の混乱について説明と
お詫びをし、そのうえで、先行きは不透明ですが
3期目にかける決意と思いについてもお話させて
いただきました。

本当に多くの皆様にお支えいただいていることを
自覚しながら、感謝の気持ちを持って前に進みます。

2017年12月07日活動記録

全建総連国会要請






全建総連の国会要請が党本部で行われました。

全建総連の中央執行委員長は、ずっとお世話に
なっている建設埼玉の前委員長の吉田委員長です。

建設国保の水準確保の課題や、建設業における
高齢化・人手不足と賃金の課題など一つひとつの
課題に仲間とともに取り組んでいきたいと思います。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー