活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2014年03月31日活動記録

本会議討論、議員総会


  • 本会議


  • 議員総会


年度末最後の日、3月31日の参議院
本会議において、平成26年度NHK
予算案は採決されることとなりました。

従来、国民・視聴者からの受信料に
よって成り立つ公共放送の予算です
から、国会承認を経る必要があるとは
いえ、全会一致が原則でした。

しかし、今回は1月25日の会長就任
発言に端を発する一連の問題により、
公共放送に疑念の目が向けられ、公共
放送そのものが危殆に瀕する中、一党以外
野党全てが、この会長の下で執行されること
になる平成26年度予算案に反対せざるを
得ない状況となりました。

年度末最後の本会議は、NHK関連の採決
のみで開会されました。私は本当に急な
本会議登壇となりましたが、会派を代表して
反対討論に立ちました。

また、本会議前の議員総会においては、
NHK予算案に反対せざるを得ない経緯の
説明と本当の年度末になった理由、本会議
登壇にあたっての決意表明を致しました。

今年の年度末は、NHK問題一色でしたが、
言論の自由と公共放送を守るための戦い
でもあり、忘れられない経験となりました。
これからも、引き続き取り組んでまいります。

本会議討論の詳細は、今後、国会質疑録に
アップさせていただく予定ですが、取り急ぎ、
pdf版の議事録をアップいたします
ので、
よろしければご覧ください。


2014年03月29日活動記録

総務委員会(NHK予算附帯決議)


  • 委員会附帯決議




3月27日午後の衆議院本会議において、
ようやく平成26年度NHK予算案は参院に
送付されてきました。

年度末直前で参議院に送付された
ということは、参議院側で日程的に
無理をしなければ到底成立し得ないし、
十分な質疑時間が確保出来ない恐れが
あり参議院軽視であること、このような
状況になったのは、NHK会長の言動に
問題があったことなど、総務委員会開会
にあたり、多くの議論が交わされました。

私は、野党筆頭理事として、参議院総務
委員会には、野党は民主党含め7会派(民主、
みんな、共産、維新、結い、社民、生活)在籍
していますが、尊敬すべき各野党の先輩方と
断続的に幾度となく打ち合わせをしながら、
委員会の持ち方を協議し、そのうえで、与党
筆頭理事との筆頭間協議に何度も臨みました。

本来、NHK予算案は全会一致を原則と
するものであり、事実、私が参議院に議席を
預かってからこの6年間、ずっとそうでした。

しかし、衆議院から参議院への送付が遅れた
ことも、そして審議入りにあたってこれだけ紛糾
したことも、全て会長等の言動が原因であり、この
会長の下で執行されることになるNHK予算案は
承認出来かねる、と6会派が反対せざるを得ない
状況になり、全会一致の原則は崩れてしまいました。

最終的に、委員会開会の前日夜に、
・参議院総務委員会理事会に対する会長からの謝罪、
・NHK予算案審議入り冒頭での会長からの謝罪、
・今後は全会一致法案でない限り、原則として趣旨
 説明、質疑、採決まで同日には行わない、
・衆議院に対し、参議院の審議日程を考慮する申し入れの実施

等を条件として引き出し、委員会開会に合意は
出来ないものの、委員会を行うことについては
否定しないことでNHK予算案は審議入りすること
になりました。

NHK予算案は、6会派が反対しましたが、自民、
公明、みんなの賛成多数で委員会承認されました。

その後、附帯決議を決議しましたが、私が起草し、
自由民主党、民主党・新緑風会、公明党、みんなの党、
結いの党、社会民主党・護憲連合、生活の党の各派
共同提案で、可決されました。

今回のかかる事案によって、

○国民・視聴者からの厳しい批判が多数
 寄せられ、信頼が揺らいでいる現状を
 重く受け止め、一刻も早い収束と信頼回復に
 向け全力を尽くすこと。

○協会の役職員は、公共放送に携わる者として、協会の
 名誉や信用を損ねるような発言や言動は厳に慎むこと。

○経営委員会は、協会の経営に関する最高意思決定
 機関として思い職責を担っていることを再確認し、
 役員の職務執行に対する実効ある監督を行うこと
 などにより、国民・視聴者の負託に応えること。

など今回の一連の事案に関する指摘事項を
盛り込んだうえで、14項目からなる附帯決議を
まとめ、参議院総務委員会として決議することが
出来ました。

時間がない中、衆議院より指摘事項を盛り込み、
参議院での様々な議論を反映した附帯決議に
出来たと思っていますし、参議院の場での議論を
明確に盛り込むことに対し、ご理解をいただいた
与党の皆さまにも感謝しています。

NHKが、公共放送として国民・視聴者からの
信頼を取り戻し、再生できるよう、この間の様々な
思いを込めて、決議を提案しました。


2014年03月28日活動記録

総務委員会で質疑(3/27)






総務委員会で質疑に立ちました。

3月14日、3月18日の総務委員会に
引き続き質疑に臨みました。ちなみに、
3月26日も災害対策特別委員会でも
質疑に立っており、連日です。

総務委員会は、年度内に審議、採決
せねばならない法案をただでさえ多く
抱えているうえ、今年はNHK会長問題
もあり、総務委員会筆頭理事として、
調整に走り回る日々の中での連続質疑です。

今回は、5年に一度延長されている
成田財特法の質疑に臨みましたが、
全会一致の法案であり、法案審議の
他に、重大な局面を迎えている公共
放送NHKに関する件についても質疑
を行いました。

質疑の詳細は、議事録が確定し以降、
いつもの国会質疑録コーナーにアップ
したいのですが、これも当分先になると
思います・・。

取り急ぎ、pdf版の議事録をアップ
いたします
ので、よろしければご覧下さい。

〇成田国際空港周辺整備のための国の財政上の特別措置に関する法律の一部改正案(質疑項目)

(1) 成田空港を巡る諸課題への対処と空港周辺地域整備計画 [総務省]
(2) NHK予算案参議院審議にあたっての確認 [NHK会長、専務理事]


2014年03月26日活動記録

災害対策特別委員会で質疑(3/26)






災害対策特別委員会で質疑に立ちました。

3月14日、3月18日の総務委員会
に引き続き、質疑に臨みました。

総務委員会の筆頭理事として、
審議すべき法案等の調整に奔走
する日々が続く中ですが、継続的
に続けている消防防災行政に関する
貴重な質疑の機会となりました。

今回は、短い質疑時間でしたので、
毎年、政府に定量的に確認している
課題を中心に取り上げました。

質疑内容の詳細は、今後、国会
質疑録コーナーにアップさせて
いただく予定ですが、当分後になる
予定です・・・。

取り急ぎ、pdf版の議事録をアップ
いたします
ので、よろしければご覧下さい。

 〇災害対策樹立に関する調査(質疑項目)

(1) 災害時等における情報伝達手段に係る課題 [内閣府、消防庁]
(2) 地方公共団体における消防防災体制の在り方 [内閣府、防災担当大臣]

------------------------------------------
これまでの消防防災に関する質疑
------------------------------------------
2008年4月23日 災害対策特別委員会
2008年5月15日  総務委員会
2009年4月1日  災害対策特別委員会
2009年4月6日  決算委員会
2009年4月23日   総務委員会
2010年3月19日   総務委員会
2010年11月11日  総務委員会
2011年4月13日  災害対策特別委員会
2011年5月17日  総務委員会
2011年10月27日 総務委員会
2011年11月4日  災害対策特別委員会
2012年3月23日  災害対策特別委員会
2012年6月13日  予算委員会
2012年6月20日  災害対策特別委員会
2013年3月6日   参議院本会議
2013年5月30日   総務委員会
2013年11月13日 災害対策特別委員会

2014年03月25日活動記録

総務部門会議、議員総会


  • 原口座長挨拶

  • 部門会議

  • 議員総会


総務部門会議では、衆参の委員会
報告後、総務省より電波法のヒアリングを
行いました。

総務委員会は、年度末までに成立・承認
させる必要がある法案数が非常に多く、
年度末まではこの対応に追われることと
なりますが、4月以降に残る法案数も最も
多いため、精力的にヒアリングを行う必要
があります。

来週以降も、しばらく法案ヒアリングが
続くことになると思います。

本会議前の議員総会では、総務委員会の
議了案件(本会議採決法案)について、過疎
法の説明を委員会筆頭理事として行いました。

(最近、毎回総務委員会の法案報告があります・・)

2014年03月24日活動記録

次の内閣


  • 次の内閣



次の内閣が開かれ、出席しました。

今回の次の内閣では、総務委員会に
とって大きな関わりがあるNHK予算案
への対応が決定されました。

維新がその前の総務会において、
既に反対を決めていたことや、私自身、
参議院総務委員会の野党筆頭理事として、
参議院総務委員会に所属する民主を
除く、6会派の皆さんと協議する中でも、
今回は承認すべきではない、との意見が
大勢を占めていました。

予算内容に問題はなくとも、今の会長
の下での執行になり、問題が大きいこと。
受信料収入が、会長等の言動の影響で
想定より押し下がることになり、その影響が
避けられないことなどから反対することを
決定しました。

これまで、通常時はNHK予算に対しては
全会一致を原則としていたことから、異常な
事態であることに違いありません。

NHKの信頼回復と再生に向けて、総務
委員会に籍を置く者の一人として、何が
出来るか微力ではありますが、模索を続けて
いきたいと思います。

2014年03月22日活動記録

総務委員会で質疑(3/18)






総務委員会で質疑に立ちました。

3月14日の総務委員会に引き続き、
質疑に臨みました。3月は、予算委員会
の他に開かれる委員会は、予算に関連
する法案を持つ、総務委員会と幾つかの
委員会のみです。

もちろん、これは毎年のことですが、
今年はNHK問題もあり、総務委員会
の開会が特に多くなっています。先日、
NHK集中審議を開会したため、平日は
総務委員会が連日、続いています。

今回は、予算関連法案の地方税法と
地方交付税法の一部改正案について
質疑に立ちました。

あくまで、地方の立場で質疑に臨み、
今後の地方税制の在り方等について
総務省と財務省の見解を質しました。

質疑内容の詳細は、今後、国会
質疑録コーナーにアップさせて
いただく予定ですが、当分後になる
かもしれません・・・。

取り急ぎ、pdf版の議事録をアップ
いたします
ので、よろしければご覧下さい。 


〇地方税法等の一部を改正する法律案、地方交付税等の一部を改正する法律案(質疑項目)

(1) 地方交付税制度の在り方 [総務省、財務省]
(2) 「三位一体の改革」と今後の交付税等制度の在り方 [総務大臣、財務省]
(3) 平成27年度以降の交付税等制度の在り方 [総務省、財務省]
(4) 自治体の規模拡大と道州制導入 [総務省]


2014年03月21日活動記録

総務委員会(委員会決議)


  • 委員会決議


  • 委員会決議採決


予算委員会で、来年度予算の委員会
採決が行われた後、予算関連法案を
持つ総務委員会が開会されました。

予算の採決は、予算委員会で来年度
予算採決が行われた後、総務委員会等
で予算関連法案採決、その後、本会議で
採決されるという流れになっています。

総務委員会では、地方税法、地方
交付税法の一部改正案の採決を
行った後、委員会で単独決議を行いました。

野党筆頭理事として、決議文(案)を
起草し、野党間で協議し、その結果を
与党側に提示し、まとまれば委員会決議
となります。これまで、民主党理事は、
常任委員会に最低でも2人はいましたので、
すみ分けしながら決議や附帯決議の段取り
が出来ていましたが、今は委員会運営調整
から質疑者調整から、何から何まで1人で、
開会が多い委員会は大変です・・・。
(でも、大変な分、やりがいはあります)

総務委員会は、常任委員会の中で所属
会派数が最も多いうえ、審議すべき法案も
多いのでてんやわんやですが、尊敬すべき
各野党の先輩方に支えて頂きながら、この
決議もまとめることが出来ました。

提出会派は、自由民主党、民主党・新緑風会、
公明党、みんなの党、日本維新の会、結いの党、
社会民主党・護憲連合、生活の党の共同提案です。

衆議院とは違う、独自性ある地方目線の
決議になったと思います。本当にありがとうございました。


2014年03月20日活動記録

議員総会、国会見学


  • 議員総会

  • 国会見学

  • 集合写真


本会議前の議員総会にて、総務
委員会の議了案件について報告しました。

今回は、地方税法と地方交付税
法の一部改正案ですが、両案とも
反対です。

地方交付税等の一般財源総額は
確保されていますが、政策誘導とも
とられかねない事業費の創設などが
あり(本来、交付税は色のつかない
一般財源です)、これらについて簡単
に説明しました。

来週も総務委員会は開会予定です。
まず、3月末までが総務委員会にとって
大きな山の一つになりますが、委員会
運営等、その職責をしっかり果たします。

2014年03月19日活動記録

総務部門会議


  • 原口座長挨拶




総務部門会議では、総務省とNHKから
来年度NHK予算案のヒアリングを行い
ました。

会長の就任会見に端を発する一連の
問題があり、例年と比べ、NHK予算案の
ヒアリング時期は遅れています。

総務省、NHKそれぞれから説明を聴取
した後、出席議員から様々な意見、質問が
出されました。

私は、本総務部門会議の副座長であり、
部門会議の進行役ですので、自身の意見を
その場で述べることは、極力、控えています。

しかしながら、今回は思うところが多々あり、
事実誤認である発言に関しては、一言申し
上げざるを得ない事態もありました。

いずれにしても、我が国における公共放送と
言論・報道の自由のため、たった一人でも、
NHK問題に時間をかけ、出来る限り歩き、
人に会い、情報を集めてきた者として、今、
改めて色々と考えています。

2014年03月16日活動記録

総務委員会で質疑(3/14)






総務委員会で質疑に立ちました。

2月19日のNHK集中審議に続き、
今回も公共放送の在り方についての
集中審議を野党側の総意として与党
側に求め、総務委員会の開会に至り
ました。

2月19日の質疑に引き続き、
公共放送が重大な局面にあるとの
基本的認識の下で、80分の質疑に
臨みました(前回は90分です)。

2月19日の前回の質疑以降についても、
NHK会長が全理事から就任日に辞表を
取り付けていたことが発覚するなど、一連
の問題については、収拾する段階には
至っていないばかりか、国民・視聴者から
の意見は、増加の一途を辿るばかりです。

政府や経営委員会がガバナンス出来な
ければ、国民の代表である国会として、
話を聞き、議論せざるを得ません。

今回の質疑においては、受信料徴収の
営業現場から、実際に悲痛な声が上がって
いることが明らかにもなりました。

我が国民主主義のため、公共放送の
在り方について、引き続き、機会を見て
国会の場で質していきたいと思います。

質疑内容の詳細は、今後、国会
質疑録にアップさせていただく予定
ですが、取り急ぎ、pdf版の議事録を
アップいたします
ので、よろしければ
ご覧ください。 


 〇NHK問題に関する集中審議(質疑項目)

(1) 公共放送を取り巻く混乱への対処 [NHK会長、経営委員長]
(2) NHK会長等の発言と取材への影響 [NHK会長、経営委員長、監査委員]
(3) 辞表取りまとめに関する事実確認 [NHK会長、経営委員長]
(4) 最近の不祥事と報道の在り方 [NHK会長、経営委員長、監査委員]

2014年03月13日活動記録

総務部門会議


  • 部門会議

  • 原口座長挨拶


総務部門会議では、郵政の現状と
課題について、日本郵政株式会社
他からヒアリングを行いました。

まず、中期経営計画についてヒアリングし、
その後、続いて第3四半期決算について
同様に説明を聴取しました。

その後、出席議員との活発な意見交換が
行われました。

現在問題となっている顧問の問題など
も出ましたが、民間となっている以上、
過度に政治が関与すべきではないことや、
郵政改正法案が成立したのは、あくまで
2年前の民主党政権時であったことなど、
私にとっても、決して忘れることが出来ない
法案です
ので、様々な思いを抱きながら
意見交換に耳を傾けました。

なお、その後は、今後総務委員会で議論
される法案等について、議員のみで討議を
行い、今後の方向性について確認しました。

2014年03月12日活動記録

次の内閣、政調役員会


  • 次の内閣


  • 政調役員会


党「次の内閣」が開かれ、出席しました。

冒頭、代表から「東日本大震災、福島
第1原子力発電所の事故、これを風化
させてはいけないということを誓い合い
たい」と挨拶があり、その後は、党の
経済政策の重点項目に関する関係
部門への検討要請等が行われました。

重点項目の中には、情報通信が含まれて
おり、総務部門において議論が進められる
ことになります。


2014年03月11日活動記録

総務委員会(派遣報告)


  • 派遣委員報告


  • 黙祷


東日本大震災から3年を迎えた日、
参議院総務委員会が開会されました。

委員会冒頭、委員会室全体で
黙祷を捧げた後、今次国会における
総務大臣の所信聴取、総務省関係
予算の説明聴取、人事院総裁から
人事院業務概要等に関する説明
聴取を行いました。

その後、先月、参議院総務委員会で
行った委員派遣
について、派遣委員
の報告を私から行いました。

なお、総務委員会は3月末までに
審議すべき法案が最も多いうえ、NHK
問題も所管ですので、今月は様々な
意味、側面において、慌ただしい日々が
続いています・・・。

2014年03月11日活動記録

東日本大震災から3年


  • 総務委員会で黙祷


東日本大震災から三年が経過しました。

改めて、犠牲になられた方に
心から哀悼の意を表するとともに、
被災された方全てに心からの
お見舞いを申し上げます。

東日本大震災から三年を迎えた
本日、天皇皇后両陛下のご臨席を
仰ぎ、東京の国立劇場にて東日本
大震災三周年追悼式が執り行われ、
本年も、参院議員の一人として出席
致しました。

天皇陛下のおことば、ご遺族代表の
ことばを拝聴し、東日本大震災からの
復旧・復興に対する思いと国の責務に
ついて改めて強く感じています。

特に、岩手・宮城・福島県のご遺族
代表の方の言葉は、胸に迫りました。

大震災発生時刻の14時46分には、
被災地をはじめ日本の各地で黙祷が
捧げられたことと思います。私自身も、
式典会場にて様々な思いを抱きながら、
黙祷を捧げました。

政治の役割、政治が何ができるのかを
自問自答しつつ、議会に議席を預かる
者の一人として、これからも微力ながら
力を尽くしてまいります。

吉川さおり 拝

2014年03月06日活動記録

国際女性デー





国際女性デーの中央集会に、
昨年に引き続き、出席しました。

昨年の今頃は、7月の参院選を
目前に控え、様々な思いを抱え
ながらの参加でしたが、今年は
また新たな気持ちで参加することが
出来ました。

いずれにしても、我が国の国会に
占める女性議員の割合は、先進諸国
に比して少ないことは事実であり、少し
でも増やしていかねばなりません。

(ただ、我が党においては、衆院選、
参院選と惨敗し、風前の灯です・・・)

今の政権は、女性が輝く社会と同時に、
女性の活用、という言葉を使いますが、
これには違和感を感じます。

男性も女性も望めば誰もが誇りを
持って働ける社会をつくること、その
ために政治に何が出来るのかを求め
続けていきたいと思います。


2014年03月05日活動記録

次の内閣、政調役員会


  • 次の内閣


  • 政調役員会


次の内閣において、大きな議論となった
のは、今次国会でもその行方が我が国に
とって、また国民にとって大きな影響がある
「集団的自衛権をめぐる憲法解釈の変更に
関する見解」についてでした。

野党第一党として、内閣による憲法解釈
変更の限界について明確にした上で種々
の検討を進めることが、立憲主義の見地
から不可欠であるとの認識の下、まとめた
ものですが、次の内閣において多くの意見
が交わされました。

12名の議員から意見が出され、それに
対し、枝野憲法総合調査会長、北澤安全
保障総合調査会長から丁寧な答弁が
行われた結果、一内閣が便宜的、意図的
に憲法解釈を変更することを否定する
内容の見解を正式決定することとなりました。

参考文書についての扱いについて、
難しい議論が交わされたのは事実ですが、
党として憲法解釈変更の限界を指摘し、
これをまとめたことに相違ありません。

今後は、安保法制懇が4月に政府に
提出する予定の報告書を受けての議論
になりますが、党としてまとめたスタンスを
大切にしながら、議論の行方を注視して
いきたいと思います。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー