活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2009年11月26日活動記録

国民生活・経済に関する調査会


  • 国民生活・経済調査会




今国会から初めて所属することになった
調査会にて、初めての質問の機会を得ました。

調査会とは、解散がない参議院だからこそ、
国民生活を中長期的な視点で検討するとの
目的で設置されているものです。

その中でも、私が所属する「国民生活・
経済に関する調査会」においては、国民の
生活、幸福度について各界から有識者の
方々を参考人としてお招きし、その調査研究
内容や見識についてうかがっています。

私は、その調査会にて、この日参考人として
お越し頂いた、子どもの貧困等の研究で
著名な阿部彩氏をはじめとする2人の方に
質問しました。

社会保障を中心としながら、格差と貧困という
観点から、自己責任論と構造的問題の考え方、
格差が民主主義の仕組みを脅かすことについて
の考え方等を意見交換させて頂きました。

2009年11月25日活動記録

若手対話会


  • 対話会参加の皆さん


中国地方から東京に来てくれた
若年層の皆さんと政治や仕事について、
意見交換をさせていただきました。

私は今から10年前に会社に入社して
社会人になりましたが、今回の対話会の
出席者の中には今年入社(つまり平成21
年度社員)の方もおり、私も会社員を続けて
いれば11年目社員だったんだなぁ、と少し
ばかり感慨に浸ってしまいました・・・。

2009年11月12日活動記録

総務委員会


  • 総務委員会

  • 原口大臣所信挨拶



大臣所信聴取のための委員会が開会され、
原口大臣、亀井大臣等の所信と挨拶を受けました。

原口大臣は、疲弊した地域の活性化に全力で
取り組み、地方の自主財源を増やし、地域
主権の新しい国づくりを進めるとともに、郵政
事業改革、新たなICT政策の展開、国民の生命、
健康、生活を守る行政、そして行政改革を進めて
いく旨、力強く所信を述べられました。

この所信の中には、前国会で私が質問した、
円滑な救急搬送・受入れ体制を構築するための
消防と医療の連携を推進すること(消防法改正)、
真に国民のためとなり、無駄のない行政をつくる
ため、行政管理、行政評価の機能を駆使しながら、
行政全般の徹底的な見直しを進めること(委嘱
審査
)も盛り込まれていました。

この日は、委員会終了直後、国立劇場にて
天皇陛下御在位20年記念式典が天皇・皇后
両陛下の御臨席のもと、盛大に執り行われ
出席してまいりました。

2009年11月09日活動記録

予算委員会


  • 仙谷大臣答弁

  • 第一委員会室

  • 鳩山首相答弁


参議院での予算委員会審議2日目となりました。
この日も9時から17時まで、1時間の休憩時間を
除き、1日中の質疑です。

全閣僚出席のもと、鳩山首相の所信に対する
姿勢や政治姿勢に対する質疑など、多岐にわたる
やりとりが交わされました。

私は予算委員会が行われる第一委員会室で
最前列の座席となっている関係で、1メートル先に
は閣僚の皆さんが着席されています。

ですから、質疑中の細かな動作や答弁に立たれる
際の様子をつぶさに観察(?)することができます。

これまでは政府参考人と呼ばれる官僚の皆さんの
答弁が目立った予算委員会ですが、これが格段に
減りました。

ほとんど全て、閣僚の皆さんがそれぞれの言葉で
答弁し、しかも、答弁書と呼ばれるメモすら持たずに
答弁席に向かう姿を目の前に見ました。

今回の予算委員会では予算が提出されていない
ことも関係しているとは思いますが、いずれにせよ、
政治が変わりつつある状況を感じた予算委員会でした。

2009年11月08日活動記録

対話会


  • 対話会




対話会にて、最近の国会情勢について
お話させていただいた後、ほとんどの時間を
質疑応答を含む意見交換としました。

ざっくばらんな雰囲気だったこともあり、
様々な観点から多岐にわたって意見交換を
させて頂くことが出来ました。

2009年11月06日活動記録

予算委員会


  • 鳩山首相答弁

  • 第一委員会室


参議院にて予算委員会が開会されました。
政権交代後、初の予算委員会です。

私自身、初めて予算委員の所属となり、
正式に委員の一人として審議に臨みました。

これまで、予算委員会には委員差し替えや
傍聴等で接していましたが、今までとは大きく
違う風景となりました。

まず、委員会室の雰囲気です。
閣僚席には、これまで自公議員が並んで
いましたが、今回からは民主党を中心とする
先輩議員が着席しています。
(私の議席は最前列ですので、閣僚の
  皆さんと向き合っている形になります)

次に、答弁に関してです。
これまでの閣僚は官僚の皆さんが用意した
分厚い答弁書を常に携えていらっしゃいましたが、
今回、それはありませんでした。

政治家対政治家のやり取りを、政権交代後、
初めて行われた参議院予算委員会の質疑に
一日じっくり耳を傾けて、変わりつつある政治を
実感しました。

2009年11月04日活動記録

総務委員勉強会


  • 勉強会



私は、今国会からも引き続き総務委員となりました
が、国会内にて、総務委員のメンバーが集まり、
今臨時国会で審議予定の法案について政務官より
説明を受けました。

予定されている法案は、「郵政株式処分凍結法案」、
(公務員の)「一般職給与法、特別職給与法、国家
公務員育休法の一部改正案」、「シベリア抑留補償
法案」となっています。

会期が限られた中、どのような順番で審議されるか
不透明な部分はありますが、今臨時国会で必ず成立
させる必要があるのは、「給与法等の一部改正案」
となります。

これは、8月11日に人事院が国家公務員の給与に
関し、国会及び内閣に対し勧告を出していますが、
この内容の一つにボーナスの引き下げが含まれている
からです(今国会で成立しないと冬のボーナスに反映
することができないためです)。

ほかには、労働基準法の改正に伴い、超過勤務
手当ての支給割合の引き上げ等が含まれていますが、
民間と同じ基準にすることで、長時間労働の抑制に効果を
発揮するのか、結果的に支出額を増大させることにならない
のか、確認が必要だと感じています。

2009年11月01日活動記録

政治学習会


  • 政治学習会




東北地方にて、政治学習会に参加しました。

政権交代後の国会情勢や、マニフェストについて
お話させていただきましたが、様々な観点から
質問をいただき、活発な意見交換が出来ました。

私自身、国会に議席をいただいて2年と少しですが、
政権交代してからはまさに初めてのことばかりで
手探り状態が続いていますが、自分の持ち場で
出来ることをしっかりとやってまいります。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー