活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2010年12月16日活動記録

陳情要請対応本部


  • 要望ヒアリング

  • 要望書手交



党陳情要請対応本部の副本部長
として、また党企業団体委員長代理
として、院内幹事長室にて陳情をお受け
しました。

この日は、数件の要望に対応させて
頂きましたが、その中で徳島県からの
要望もお受けしました。

高速道路の新料金制度において、
本州四国連絡道路を別料金とする案が
検討されていることに関する要望です。

徳島県では、12月中旬に
「挙県一致
会議」が開かれ、高速道路の全国一律
料金を求めています。党としてもしっかり
判断して、政府に対応を求めてまいります。

2010年12月15日活動記録

国会見学


  • 国会議事堂正面

  • 意見交換 

  • 参観ロビー内


今回は同じ日に2組のお客様を
国会にお迎えし、2010年最後の
国会見学の受け入れとなりました。

webページにアップしきれていない
国会見学を含め、この1年も本当に
多くの方に国会にお運び頂きましたこと、
この場を借りて心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

国会とその雰囲気を見学や意見交換を
通して感じて頂くことは、それはつまり、
政治を身近に感じて頂くことに繋がります。

大勢の方に政治を身近に感じて頂き、
政治に関心を持ってもらうことも、政治に
課せられた大事な役割だと私は強く思っています。

今年は9月に参議院の派遣で、総選挙中の
スウェーデンを訪れる機会に恵まれました。

スウェーデンでは、18歳の国会議員が
繰り上げ当選で誕生し、話題となっていますが、
若年層の投票率の高さには目を見張るものが
あります。

翻って、日本では若年層の投票率は
比べ物にならないほど低く、政治への
関心も相当低い状況に置かれています。

少しでも政治に関心を持っていただき、
政治に思いを託して頂けるような環境を
作りたい。

そんな思いで国会見学の受け入れを、
吉川さおり事務所一同、心をこめてさせて
頂いています。来年も多くの皆さまとお会い
出来ることを楽しみにしております。


2010年12月14日活動記録

税制改正PT総会


  • 野田財務大臣説明

  • 税制改正PT総会



税制改正大綱閣議決定前、最後の
党税制改正PT総会の開催となりました。

国会閉会後の開催にも関わらず、
大勢の議員出席を得て、最後の
総会が開かれました。

今回は、政府税調会長の野田財務大臣、
政府税調会長代行の3大臣(片山総務大臣、
玄葉大臣、海江田大臣)の出席も得て、
政府税調としての説明を受けました。

政府税調としては、納税環境整備、個人
所得課税、資産課税についてこれまでの
経過説明、残された主要課題として法人
実効税率、環境税、金融課税等に関する
説明がありました。

これらの課題に対する結論を4大臣で
出したうえで、税制改正大綱を策定し、
16日の閣議決定を目指す旨が示されました。

さらに、政府税調会長代行の片山総務大臣
からは、税制を決めるのは国であるが、国で
決める地方税の在り方、地方に裁量が無い
ことは、民主党が掲げる地方分権に反すること
等の論点から課題提起がありました。

その後、最後の質疑応答がなされ、民主党
ならではの税制改正の内容が幾つも含まれた
形で税制改正大綱の策定となることが最後に
強調されました。

いずれにせよ、昨年は党側で税制改正の
議論をする場はありませんでした。今年は、
党税制改正PTの提言が政府税調のベースと
なっていることの意味を踏まえ、今後の推移を
しっかりと見守っていきたいと考えています。

2010年12月09日活動記録

陳情要請対応本部


  • 要望書手交



党陳情要請対応本部の
副本部長として、院内で
陳情をお受けしました。

副幹事長としては何十件もの
陳情をお受けさせて頂きましたが、
新たな体制になってからは初めて
となります。

副幹事長の時と同様、しっかり
お話をうかがい、党としての判断を
してまいります。

2010年12月08日活動記録

国会見学


  • 国会議事堂正面


  • 意見交換


11月29日に議会開設120周年の
記念式典が参議院本会議場で開催された
ことに伴い(私は出席しました)、国会議事堂
外壁が全て綺麗に洗浄され、これまで見てきた
中で、白い議事堂外観となっています。

今回の国会見学時には天気も良く、
綺麗になった議事堂前で写真を撮って
頂くことが出来ました。

また、新しい会館事務所にも寄って頂き、
短い時間ながらも様々なお話をすることが
出来たことに感謝しています。

2010年12月05日活動記録

議員総会


  • 岡田幹事長

  • 輿石参議院会長


10月1日に開会し、64日間の会期で
行われた第176臨時国会が12月3日に
閉会しました。

残年ながら熟議の国会とは言い難い状況でした。

2年目を迎えた予算委員として、稀に見る
長時間審議の予算委員会に出席しましたが、
政策論争より政局的な話題やその追及に
審議時間が割かれることがほとんどでした。

また、参議院では与党である民主党が
過半数を頂いていない状況でもあり、成立した
法案数も非常に少ない結果となってしまいました。

委員会審議や国会運営の在り方など、
熟議の国会に向けて解決すべき課題は
多いと思いますが、何より議員それぞれが
国会の果たすべき役割に思いをはせなければ
ならないことを、今、改めて痛感しています。

2010年12月01日活動記録

総務部門会議


  • 総務部門会議



総務部門会議では、下記の報告が
行われました。

グローバル時代におけるICT政策に関する
タスクフォースが、1年間で相当回数をかけて
議論した内容について、11月30日に報告書
(案)を提出しました。

内容としては、以下の通りです。
「過去の競争政策のレビュー部会」
「電気通信市場の環境変化への対応検討部会」
「光の道」構想実現に向けて取りまとめについて

報告は、電気通信市場の環境変化への対応
検討部会座長の山内弘隆一橋大教授から行われました。

また、党政調の情報通信WTが正式に
確認され、総務部門会議の黄川田座長から、
WT座長に私が任命されました。

公平公正な政策立案に向けて、また
ICT利活用に向けて議論を進めてまいります。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー