活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2011年01月27日活動記録

超党派国会改革勉強会


  • 参議院議長へ申し入れ




第177通常国会前に、超党派国会
改革勉強会として、通常国会に向けた
具体的提言の記者会見
を民主・自民
公明・みんなの各党で1月21日に行い
ました。

5つの提言内容は、次のとおりです。

1.「党議拘束の緩和」で議員間の政策論議の深化を
2.質疑における「暴言」「ヤジ」の一掃、品位ある国会へ
3.「党首討論を毎週夜8時開催」へ
4.質問要旨の「事前通告」と「公開」で充実審議を
5.「予算委員会は予算審議」の場に

質の高い国会を実現するために、通常
国会開会直後に衆参それぞれの議長や
国会対策委員長への申し入れを行うこと
としていましたが、今回は、参議院への
申し入れを行い、私も超党派国会改革
勉強会の一員として申し入れを行いました。

自民党の河野太郎議員をはじめとして、
4党それぞれの議員が各党へ共同で
申し入れを行い、参院議長をはじめとし、
各党の国会対策の責任者から前向きな
見解をいただきました。

思いを託せる政治の実現は、私の政治
理念のひとつでもあります。政治に信頼を
寄せて頂くきっかけのひとつとなれば、との
思いをこめて、各党の議員とともに取り組みを
進めていきたいと考えています。

2011年01月25日活動記録

第177通常国会開会


  • 輿石参院議員会長

  • 菅代表


第177通常国会が1月24日召集されました。

午前中には、民主党参議院議員が一堂に
会する議員総会、その後に全議員が集まる
両院議員総会がそれぞれ開催されました。

会期は6月22日までの150日間となりますが、
まずは予算案・予算関連法案の成立に向けて、
一致団結して諸課題に取り組んでいかなければ
なりません。

また、与党でありながら、参議院で民主党が
過半数を割ってはじめての通常国会となり、
厳しい状況下での国会運営となりますが、
今国会から、所属委員会がもう一つ増えました。

新たな気持ちで、私にできること、
やるべきこと、ひとつずつに全力で対峙してまいります。

[所属委員会]
-------------------------------------------
総務委員会
予算委員会
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(理事)
災害対策特別委員会

[党の役職]
-------------------------------------------
企業団体委員長代理

[その他]
-------------------------------------------
国土交通省国土審議会 北海道開発分科会 特別委員

2011年01月21日活動記録

超党派国会改革勉強会(記者会見)


  • 記者会見




民主・自民・公明・みんなの4党
16名の国会議員でつくる「超党派
国会改革勉強会」で記者会見を
行いました。

1月24日から始まる第177通常
国会に向けて、16名でまとめた
『通常国会に向けた具体的提言』を
発表するためです。

本勉強会は、2007年の参院選後の
ねじれ国会を契機として立ち上げられ
たもので、当初は民主、自民の有志
8名(衆院議員)で議論が進められて
いましたが、昨年末に参院からも加わる
ことになり、先輩議員からの呼びかけで、
私も一員となりました。

国会は言うまでもなく、唯一の立法
機関であり、国権の最高機関です。

しかしながら、真に言論の府として
機能しているのか、また品位を保って
いるのか、ということに関しては、昨今の
暴言ややじに象徴されるとおり、必ずしも
そうではない側面が残念ながらあるのが
現状です。

また、2007年の参院選を契機とし、
2009年に政権交代を経た今、政権
交代が起こり得る政治体制が現実の
ものとなり、与野党がいつでも入れ
替わる状況に置かれています。

超党派国会改革勉強会のメンバーは、
私を含めてほとんど全員が与党・野党、
それぞれの立場を経験しています。

お互いが双方の立場を経験している
からこそ、合理的な国会改革を検討
できるようになったともいえると考えて
います。

記者会見で発表した内容は、次の5点です。
(詳細は、添付ファイルをご覧下さい)

1.「党議拘束の緩和」で議員間の政策論議の深化を
2.質疑における「暴言」「ヤジ」の一掃、品位ある国会へ
3.「党首討論を毎週夜8時開催」へ
4.質問要旨の「事前通告」と「公開」で充実審議を
5.「予算委員会は予算審議」の場に

第177通常国会開会後、衆参議長、
各党の国会対策委員長へ申し入れを
行い、質の高い国会を実現していきたい
と考えています。

2011年01月20日活動記録

自殺対策推進PT


  • PT模様 



1998年以降、自ら命を絶たれる方が年間
3万人を超えてしまっている哀しい現実を
少しでも少なくするため、また年度末が
迫る中、自殺対策の取り組みを一刻も早く
進めなければなりません。

また、先進国の中で、20代・30代の死因の
一位が自殺となっているのは日本だけという
状況の中、自殺対策の取り組みは、いのちを
守る政治を進めるためにも喫緊の課題です。

2009年には、前政権下の官房長官が
党首討論を受けての発言の中で、
民主党の鳩山代表(当時)が党首討論で
若者の自殺問題等を取り上げたことについて、
「お涙ちょうだい」の議論をやるゆとりはないの
ではないか、財源の問題や 外交・安全保障
などテーマは多々あると述べた事実も残念
ながらあります。

当時、この発言直後に委員会質問の機会が
ありましたので、あってはならない上記の発言に
ついて、真意と自殺対策への認識を質しましたが、
官房長官という立場は、閣僚で構成される自殺
総合対策会議の会長であり、自殺対策推進に
関する政府の責任者でもあることから、到底
信じ難い発言でした。

自殺対策に関する認識を深め、国会議員
全体で議論を進めることで、救えるいのちを
救う取り組みを進めていきたいと、強く思います。

2011年01月18日活動記録

就職問題申し入れ


  • 申入書手交


  • 意見交換 


党陳情要請対応本部の副本部長
として、また党企業団体委員長代理
として、院内幹事長室にて陳情対応
を行いました。

内容は、次のとおりです。

「大学生の就職難に関する申し入れ」

私自身、就職氷河期を経験していること
から、大きな関心を持って、この日に臨み
ました。

なぜなら、これまで私が、国会質疑や
議員立法等でずっと取り上げ続けている
就職氷河期や若年者雇用に関する問題
であり、今また就職氷河期の再来、しかも
内定率は過去最低となっている現状がある
ためです。

申し入れの主な内容は、

○新卒一括採用にメスを
○早期化是正の法律制定を
○ハローワークなど公的職業機関の周知徹底を
○採用における女性差別の撤廃を
○就職活動中の生活保障を

といった内容に加え、
就職活動ナビサイト偏重に起因するミス
マッチ問題の考察も提示され、現状の
問題点が細かく指摘されました。

私自身の経験や、これまでの国会質問と
重なる部分、そうでない部分など色々と
ありますが、少なくとも、学校を卒業する
ときの経済状況で、その若者の一生が
左右されるような現状は、少しでも改める
べきであるとの立場に立っています。

政権交代後、若い世代の雇用問題に
従前より光が当たり始めていますが、
社会保障や税収等の観点からもっと
踏み込んだ対応が必要だと考えています。

若い世代が明日に夢や希望を持てる
社会の実現のため、申し入れの内容に
ついて、出来ることから取り組みを進めて
いきたいと思います。


2011年01月14日活動記録

国会見学


  • 国会議事堂正面

  • 会館内



全国各地から国会見学にお集まり下さいました。
澄み渡った空の下、国会議事堂の正面で
皆さんと写真を撮り、新議員会館の部屋にも
お越し頂きました。

その後の意見交換では、比較的長めの時間を
取ることができ、政治情勢の話、仕事の話、現在の
雇用の話等、様々な話題について皆さんの意見を
拝聴することが出来ました。

また、久々に会社員時代の業務を思い出すことも
でき、改めて原点に戻ったひと時でもありました。

2011年01月13日活動記録

民主党定期大会


  • 菅代表

  • 岡田幹事長

  • 団結ガンバロー


大会議長の大任を務めさせて頂いた
党大会から2年が経ちました。

また、政権交代を国民の皆さまの力で
成し遂げて頂いてから2回目の党大会と
なります。
昨年の参院選では、民主党は大敗を喫し、
参議院では民主党過半数割れの中、厳しい
政権運営を迫られています。

今こそ党一丸となって、皆さまの生活が第一の
政治を前へ前へと進めていかなければならないと
思いを新たにしています。

個人的に、大会で少し気になったことは、
これまで大会議長は男性議員、女性議員
1名ずつで構成されていましたが、今回は
男性2名の議長で構成されたこと、最後の
団結ガンバローで檀上に上った議員で女性は
閣僚2人のみだったこと、が気になりました。
(右上の写真では壇上が全員男性です・・)

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー