活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2011年09月28日活動記録

総務部門会議


  • 部門会議

  • 加賀谷座長挨拶



今回の総務部門会議では、来年度
税制改正要望について総務省から
ヒアリングを行いました。

また、これまで数回行った税制改正
要望に関する団体ヒアリングを結果を
踏まえ、総務部門としての税制改正
要望意見のとりまとめについて議論
しました。

総務部門としての税制改正要望の
重点項目については、重点項目案を
部門会議に示した後、議員間の意見
交換を行って頂きました。

最終的にはこれらを踏まえ、当部門
としての重点項目は、コアメンバー
一任となりました。

また、来年度予算における総務省の
重点施策は、下記の8点が中心となります。

○総務省における重点施策
1. 東日本大震災からの復興に向けて
2. 地域の自主性・自立性を高めるための改革の推進
3. ICTによる日本再生に向けた施策の推進
4. 国民の命を守る消防防災行政の推進
5. 国民本位の電子行政等の実現
6. 行革推進による効率的かつ満足度の高い行政の実現
7. 郵政改革の推進
8. 国民生活・企業活動の安定・充実

2011年09月27日活動記録

総務部門会議


  • 加賀谷座長挨拶


  • 要望ヒアリング


この日の総務部門会議では、
来年度の税制改正に向けて、
総務部門としての重点項目を
決定するため、前回(9/16)に
引き続き、団体ヒアリングを行いました。

今回は、全国知事会、全国市長会、
全国町村会等の地方6団体等から
来年度税制改正、来年度予算要望に
関するヒアリングを行いました。

2011年09月22日活動記録

国会見学


  • 国会議事堂正面

  • 意見交換会



若手の皆さんが国会を訪ねて下さりました。

いつものとおり、国会議事堂正面で
石橋議員と一緒に参加された皆さんと
記念撮影後、少しの時間ではありましたが、
意見交換をさせて頂きました。

この意見交換の時間は、私にとって
新たな気づきの場であったり、物事を
振り返る場であったりします。

今回も新たな気づきと出会いを頂きました。
国政に携わる者として、生活が第一の政治
を前に進めるべく、力を尽くしてまいります。

2011年09月21日活動記録

総務部門コアメンバー会議


  • コアメンバー会議



総務部門会議に先立ち、
コアメンバー会議を開催しました。

総務省より、平成23年度第3次
補正予算に関する総務部門意見
の検討結果に関する説明を受け、
確認を行いました。

これは、部門会議として補正予算に
要望した事項が政府の補正予算案に
計上されているか否かの確認となります。

東日本大震災の復旧・復興に資する
ものとして、被災自治体にとって使い勝手
の良い交付金や復興基金についての
検討状況について、しっかり確認を行いました。

2011年09月17日活動記録

東日本大震災復興チャリティマラソン





東日本大震災からの復旧・復興を
目的としたチャリティマラソンが
都内で開催されました。

開会の挨拶とスターターを務め
させて頂きましたが、スターターの
役割は初めてのことでした。

復旧・復興に向けて、多くの
皆さんが参加されていらっしゃった
ことに感激です。

当日の日程の都合上、一緒に走る
ことは叶いませんでしたが、機会が
あれば、参加したいと考えています。

2011年09月16日活動記録

総務部門会議


  • 加賀谷座長挨拶

  • 団体ヒアリング


平成24年度税制改正要望について
総務部門としての重点項目を絞り込む
ため、業界団体からのヒアリングを
総務部門会議にて開始しました。

今回の総務部門会議では、
日本郵政、全国消防長会、
電気通信事業者協会、ケーブル
テレビ連盟の4団体からヒアリングを
行いました。

全国消防長会、電気通信事業者
協会、ケーブルテレビ連盟においては
東日本大震災を受けた税制改正要望
だったこともあり、出席議員から幾つかの
質問が出されました。

総務部門としては引き続き、各団体から
ヒアリングを行い、総務部門としての税制
改正要望を政府と党に上げていきたいと
考えています。

2011年09月15日活動記録

党組織委員会


  • 古本組織委員長挨拶



新体制の下、今後は組織委員会の
副委員長、参国会対策副委員長として
党務にあたることになりました。

これまで、副幹事長、企業団体委員長
代理などを経験させて頂きましたが、
これからは党と各県連組織の連携活性化、
並びに国会対策が党務となります。

党本部の会議室で、第一回目となる
組織委員会が開催され、古本組織
委員会委員長からの挨拶、副委員長の
顔合わせと意識合わせが行われました。

副幹事長、企業団体委員長代理の
際にも各団体からの陳情要請対応を
させて頂きましたが、引き続き陳情
要請対応にもあたることになりそうです。

2011年09月14日活動記録

総務部門会議


  • 川端総務大臣挨拶



新体制後、初の総務部門会議が
開催されました。

会議冒頭では、川端総務大臣からの
挨拶に続き、党側座長の加賀谷議員、
政府側座長の松崎副大臣、黄川田
副大臣、各政務官、稲見副座長から
挨拶を受けました。

その後、政調及び部門・コアメンバー
会議の運営について加賀谷座長から
説明後、承認されたことを受け、正式に
総務部門のコアメンバーの一員として
部門会議の運営に携わることとなりました。

また、第三次補正予算に関して総務省が
要求した内容について説明を受け、部門
としての意見を受け付けた後、提出する
ことを確認しました。

今後は、平成24年度税制改正要望に
関するヒアリングを各団体から行うこと
になります。

2011年09月13日活動記録

総務部門コアメンバー会議



  • 加賀谷座長挨拶



民主党では毎年秋の臨時国会
開会に合わせて、その後約1年間
所属する委員会配属が発表されますが、
初当選以来一貫して所属する総務委員会に
配属となりました。

今回は、総務委員会の理事として
委員会運営や各党交渉にあたること
になり、党の総務部門会議の運営にも
携わることになりました。

各部門には、座長(党側・政府側)と
委員会理事を中心とするコアメンバー
会議が設置されていますが、今臨時
国会から総務部門のコアメンバーとして、
コアメンバー会議にも出席することとなりました。

部門会議での議題や方向性を決定する
大事な会議のひとつです。しっかり仕事を
していきたいと思います。

2011年09月09日活動記録

災害対策特別委員会(閉会中審査)


  • 委員全員による黙祷


  • 平野防災担当大臣 


国会閉会中ですが、災害対策特別
委員会が開会され、台風12号による
被害及び対策状況について政府から
報告を聴取した後、質疑が行われました。

開会冒頭には、亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りし、黙祷が捧げられました。

台風12号は動きが遅く、上陸後も大型の
勢力を保っていたため、西日本から北日本に
かけて広い範囲で記録的な大雨となりました。

この台風により、多数の土砂災害や河川の
増水・氾濫などが生じ、紀伊半島(奈良・和歌山)
を中心に大きな被害が生じています。

さらに、道路の寸断により、多数の地区が
孤立状態に陥るとともに、各種ライフラインが
使用不可になっていますが、それぞれの
立場で懸命な復旧作業が行われています。

政府としては、平野防災担当相を本部長
とする非常災害対策本部を設置し、人命
救助を第一に、被災者の救出救助を始め
とする災害応急対策に全力を尽くし、被害
状況の迅速・的確な把握に努めています。

国会としては、現状と課題を明らかにし、
今出来る対応策を政府に着実に講じて
もらうことです。閉会中審査ですが、被災地
選出議員を中心に、真剣な質疑が交わされ
ました。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー