活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2012年01月27日活動記録

社会保障・税番号システム設計及び調達検討小委員会





社会保障と税の一体改革調査会の
役員(事務局次長)として、社会保障
改革の議論には関わっていますが、
この度、その子会議の更に子会議
(つまり孫会議?)として、

社会保障・税番号・システム設計及び
調達検討小委員会が設置される予定
になり、役員の一人として議論に参加
する運びとなりました。

社会保障・税番号に関しては、「社会
保障・税番号大綱」(2011年6月政府
与党社会保障改革検討本部)に基づき、
法案提出に向けた作業が政府において
進められています。

2014年6月の国民への番号交付を目指し、
現在制度設計が行われているところですが、
本小委員会において、社会保障・税番号に
係るシステム設計及び調達費用に関して、
党として監視し、必要な提言を政府に対して
行うことを目的としています。

今後、関係省庁や有識者、ユーザからの
ヒアリングを行い、議論を進めていくことを
確認しました。

2012年01月26日活動記録

人材科学技術イノベーションPT役員会



  • 小沢座長挨拶



昨年末からIT戦略本部の在り方等に
ついて
、副座長として議論に参加して
いる人材科学技術イノベーションPTの
役員会が開かれました。

今後の課題や進め方について
役員間で議論を行いました。

今後の課題として、

1. 人材科学技術イノベーション政策
2. 研究開発法人制度について
3. 規制改革等による科学技術イノベーションの推進
4. 人材育成

をたたき台にし、議論を行いました。

規制改革等による科学技術イノベーション
の推進において、IT戦略本部や知財戦略
本部から現状をヒアリングし、推進体制を
確認することや、人材育成においては、
キャリア教育に関する厚労省、文科省等の
取り組み状況についてヒアリングを行うことなど
について認識を共有しました。

PT名に「人材」が付されていることで、
議論が大きくなっていますが、キャリア
教育については、これまで力を入れて
取り組んできた若年者雇用問題とも関わり
ますので、本PTでどのように扱うのかに
関しては難しいところですが、何らかの
形でこの分野からも問題提起が出来れば
と考えています。

2012年01月26日活動記録

第180通常国会開会


  • 輿石会長挨拶



1月24日、150日間の会期で
第180通常国会が開会しました。
私にとっては、5回目の通常国会に
なります。

初当選以降、一貫して総務委員会に
所属していますが、昨年の臨時国会
からは総務委員会の理事として、
委員会運営、与野党折衝、省庁対応、
党内調整等に携わらせて頂いています。

今次常会において、総務委員会は、
震災関連、郵政改革法案、国家公務員
給与法案、電波法改正法案など、数多くの
重要法案を抱えており、理事として責任を
痛感しています。

また、現在は議院運営委員会にも所属し、
参国会対策副委員長を務めています。今
国会では東日本大震災からの復旧・復興の
ための第4次補正予算案の審議から始まり、
来年度予算、法案審議と続きます。

昨年の東日本大震災からの復旧・復興は
待ったなしの状態であり、最重点課題として
国会は取り組んでいます。

国民の皆さまの生活が第一、生活を
守る観点から様々な法律を成立させる
ために、与えられた職務を全う出来るよう、
引き続き精一杯活動してまいります。

2012年01月25日活動記録

両院議員総会


  • 野田代表挨拶

  • 輿石幹事長挨拶


第180通常国会の開会に伴い、
民主党に所属する衆参両院議員が
集う両院議員総会が開会されました。

私ももちろん出席し、今国会における
野田代表の決意、輿石幹事長の挨拶
等があり、党内の結束を確認し合う
場となりました。

ただ一方で、年末年始の既報通り、
党内で様々な動きがあったのもまた
事実であり、国民の皆さまの生活を
担う政治の場で、これ以上は党を
めぐる混乱があってはならないことも
肝に銘じています。

また、いつかも書いたことがあるような
気がしていますが、出席議員の一人と
して壇上を見上げると、壇上に居並ぶ
党執行部が全員男性であることに、
なんとなく違和感を覚えて仕方ありません。

2012年01月25日活動記録

総務部門会議


  • 加賀谷座長挨拶


  • 原口元大臣挨拶


2012年、第2回目となる総務部門会議、
第180通常国会召集後でははじめてと
なる部門会議を開催しました。

今回の議題は、以下の2点です。
・平成24年度NHK予算案について
 NHK執行部、経営委員会からヒアリング
 日放労からヒアリング
・郵政改革法案に係る3党実務者協議の報告
 郵政改革に関する特別委員会筆頭理事

今回は、多くの議員が参加することが
見込まれたため(?)、普段の部門会議
とは異なる大きな会議室で開催しましたが、
議題が議題なだけに、多くの議員の出席を
得ました。

NHK予算案については、受信料の還元率、
経営の在り方について、賛否両論の意見が
多数出され、次回の総務部門会議においても
扱うこととなりました。
(NHK予算案は国会の承認事項となって
いるため、年度末は毎年審議をしています)

2012年01月24日活動記録

総務部門コアメンバー会議


  • コア会議模様 

  • 加賀谷座長挨拶



第180通常国会召集の朝、総務
部門コアメンバー会議を開催しました。

議題としては、以下の問題を扱いました。

・郵政改革法案に係る3党実務者協議の報告
・次回の総務部門会議(議題)について
・税調、財金、総務合同部門会議について

郵政法案については、衆議院においては
郵政改革に関する特別委員会が設置
されていますが、参議院においては審議の
場は総務委員会となります。

現在の3党実務者協議は衆議院で
行われていますが、情報を共有し、
参議院での審議にも備えています。

2012年01月18日活動記録

総務コアメンバー会議、総務部門会議


  • 総務コアメンバー

  • 加賀谷座長挨拶


2012年、第1回目となる総務部門
コアメンバー会議、総務部門会議を
立て続けに開催しました。

1月24日に召集される第180通常
国会提出予定法案(総務省分)の
ヒアリングを総務省から行い、総務省
所管予算案等についても説明を受けました。

私は一貫して総務委員会に籍を
置かせて頂いていますが、毎年
総務委員会では重要法案をはじめ、
審議すべき法案が本当に多いことを
実感しています・・

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー