活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2012年12月31日活動記録

第46回衆院総選挙





第46回衆議院総選挙は12月16日、
投開票が行われ、民主党の大惨敗と
いう結果に終わりました。

壊滅的状況であり、これまで共に
活動してきた多くの先輩・仲間を
失ったことは痛恨の極みです。

今回誕生した衆院3分の2の議席を
有する巨大与党が暴走しそうな時は、
与党を経験した野党として、国会での
チェック機能を果たしていくと同時に、
党の再生に向けた取り組みが喫緊
の課題です。

これまでの活動の総括と真摯な反省、
そして二度と党が割れることのないように
選出された新代表の下、一致結束する
必要が今回ほど求められていることは
ありません。

これから始まる通常国会がどのような
形になるかまだ分かりませんが、
衆参党所属議員が一致結束した上で、
第一党を維持している参議院から
立て直しの足がかりを得ると同時に、
しっかりとチェック機能を果たしてまいります。

将来世代に責任を持つ若い世代の一人
として、社会保障と税の一体改革特別委
理事として法案成立に携わった当事者の
一人として、現職国会議員の中で最も
継続的に消防防災について質疑を重ね
続けている一人として、新政権に対峙して
いくという強い思いを今、抱いています。

いずれにせよ、私自身はこれまでと
変わることなく、初心と感謝の気持ちを
携えて、全力で国会活動に取り組み、
改選の夏に向けて走り続けてまいります。

今後とも一層のご指導ご支援を
賜りますようお願い申し上げます。

                   吉川さおり 拝


2012年12月28日活動記録

全国各地にて






2012年が暮れようとしています。
この1年間も、これまでと同様、全国
各地の多くの皆さまにお支え頂き、
活動をさせて頂くことができ、心からの
感謝の気持ちで一杯です。

この1年間も、誠にありがとうございました。

ただ、第46回衆議院総選挙では、
解党的出直しを迫られる大惨敗と
なり、多くの先輩・仲間を失いました。

若い世代を中心に、党の立て直しを
進めていかねばなりませんし、衆院で
3分の2の議席を占める巨大与党を
監視する野党として、これからしっかり
活動をしていかねばなりません。

こんな中、来夏にいよいよ改選を迎えます。

初当選以降、週末や国会の合間を縫って、
全国各地をお伺いさせて頂いていましたが、
まとまってお伺いすることはなかなか叶わず、
9月8日に長かった通常国会が閉会してようやく、
まとまった形で各地方にお伺いしています。

2006年7月末日にNTTを退職してから
2007年7月の選挙までは、まとまった
時間に恵まれ、多くの皆さまにお会いする
機会にも恵まれましたが、当選以降は
思うように国会を離れることが出来ず、
1週間単位で各地をお伺いするのは、
本当に久々の機会となりました。

その活動の中で、改めて、全国の
先輩の皆さま、仲間の皆さまにお支え
頂いていることを強く実感し、胸が熱く
なりました。

もちろん、昨今の政治情勢ですから
厳しいお言葉などを頂くこともありますが、
それでも「後輩だから、仲間だから、
頑張ってくれているから」という温かい
励ましで、前を向くことが出来ています。

「政治を変えたい」
と政治を志した初心と志、そして
本当に多くの皆さまにお支え頂いて
いるという感謝の気持ちを決して
忘れず、これからも活動を続けていく、
そして来夏に向かって懸命に走り続ける、
そんな思いを強くしています。

2012年12月09日活動記録

京都6区






この日は朝から京都1区と京都6区で
活動しました。京都6区は、私が議員に
なる前(学生時代)から、様々な場所で
接点を頂いている山井和則さんです。

私が学生時代を京都6区内で過ごした
ことやボランティアでお手伝いしていた
こともあり、私にとってとても身近な存在
でした。

逆風下でしたが、日頃の山井さんの
活動の成果で、多くの方が選挙カーに
手を振って下さり、個人演説会にも多くの
方が足を運んで下さいました。

まさか、私も議員になって山井さんの
応援弁士として個人演説会でお話させて
頂くことになるとは、何だか不思議な気持ちが
しましたが、精一杯の訴えをさせて頂きました。

※この記事は12月17日以降に掲載しました

2012年12月08日活動記録

大阪12区





今回の選挙戦、大逆風の中、全国の
先輩・仲間の応援に、北海道、東北、
関東、東海、関西、中国、四国、九州と
12日間で出来る限り駆け回りました。

前回の選挙時と違い、今振り返って
みれば、それぞれの場所で写真を
撮る余裕もありませんでした(そういう
思考回路にもなりませんでした・・)が、
樽床総務大臣の個人演説会に弁士
として参加した時の写真がありました。

樽床さんは、私が2004年に党本部の
公募に合格した後、関西で会社員を
やっていた私も相談に乗って頂きましたし、
今は総務委員会筆頭理事・理事として
総務省案件の委員会運営の中心を担う
立場であることから、精一杯のお願いと
訴えをさせて頂きました。

※この記事は12月17日以降に掲載しました

2012年12月04日活動記録

千葉1区






今回の選挙本番のスタートとなる
公示日は、出陣式・第一声、選挙
カー乗車と会社の先輩でもある
田嶋要さんの応援に駆け付けました。

今回は言うまでもなく、非常に厳しい
戦いになりましたが、多くのボランティアの
皆さんのお支えを頂きながら、懸命の
訴えをする田嶋さんには何としても
小選挙区で勝ちあがって欲しい、そんな
思いで私自身も訴えさせて頂きました。

田嶋さんの千葉1区を皮切りに全国の
先輩の応援に駆け回りましたが、最終日
午後以降は千葉1区で、そして最後は
田嶋さんと共に地声の訴えをさせて頂きました。

※この記事は12月17日以降に掲載しました

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー