活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2013年03月31日活動記録

光と影


3月6日の本会議では、当選以降、
国会質疑や議員立法で取り上げ
続けた政策課題を中心に総理他に
対し、質問をしましたが、冒頭では、
アベノミクスに対する認識と、いわゆる
構造改革がもたらした格差等の現状に
ついての認識を質すことから質問を
始めました。

年明けからの円安・株高で日本経済に
明るい兆しが見えつつある一方、円安に
よって調達コストが高騰している内需型
企業は苦境に立たされています。

円安になって、外需型産業は利益を
伸ばし、一時金も満額回答(ベースアップ
ではない)が相次ぐ報道がなされる一方、
内需型産業における調達コストの高騰
と価格転嫁できずに苦しんでいる報道は
なぜだか殆どなされていません。

マルクス・エンゲルスの共産党宣言を
引用した形で私は質問を始めることにしました。

「一匹の妖怪が日本を徘徊している、
アベノミクスという妖怪が」果たしてその実態は。

アベノミクスは、果たして雇用拡大に繋がるのか。

単なる一部富裕層の消費と資産拡大、
あるいは大部分の国民生活を疲弊させる
物価上昇に繋がるだけで、社会に蔓延する
不合理な格差の解消に繋がらないのではないか・・・

今の内閣の支持率は高く、今、アベノミクスの
問題点を指摘すると、景気回復の流れに水を
差すのかと批判される傾向にあると言って過言
ではありません。

しかし、今の風潮は、郵政民営化の時と
酷似している気がしてなりません。当時、
郵政民営化の問題点を指摘しようものなら
即、抵抗勢力のレッテルをはられ、本来される
べき問題点や課題の議論が置き去りにされ
てしまいました。

しかし、その後、行き過ぎた郵政民営化は
間違いであったことが証明され、昨年4月、
大幅にその方向性が修正された郵政民営化
改正法案は、私が筆頭理事を務めていた
総務委員会で成立しました(改正法案の成立
に至るまでも大変でしたが・・)。

つまり、光の当たる部分だけが取り上げられ、
影の部分の議論には蓋をして、政策の議論を
するのは非常に危うい側面があると考えます。

たとえ、どんなに厳しい状況であろうとも、
問題点は問題であると、訴えていきたいと
強く思います。

2013年03月29日活動記録

親子国会見学


  • 国会議事堂正面




春休みを利用して、親子で国会
見学にお越し下さいました。

東京は桜が咲き誇っており、
親子で見学して頂いた国会の
ことが少しでも春休みの思い出
になれば、幸いです。

また、意見交換の時間では、
政治を志した理由などの質問も
いただき、楽しい時間となりました。

2013年03月28日活動記録

関東地方にて


  • 先輩の皆さんと 

  • 山口たかし佐野市議と

  • お守りと名札(感謝)


関東地方にて、活動しました。

出身が四国、大学と会社員
時代が関西地方中心だった
私としては、選挙に出ることに
なってから、多くのご縁を頂いた
地方になります。

今週も多くの出会いを頂きながら、
また勇気と元気を頂きながら、政治
にかける思いをお伝えして歩かせて
頂けたことに感謝しています。

2013年03月22日活動記録

関西地方にて






関西地方で久々となる地域に
お伺いし、多くの先輩の皆さん、
仲間の皆さんにお目にかかる
機会を頂きました。

当選以来、取り組んできた政策、
今の政治情勢等お話させて頂く
中、厳しいご意見も頂戴しますが、
激励も頂くことで、頑張れます。

夕方の集会には、本当に大勢の
方にお運び頂いて、感激しました。
思いを力に変えて、頑張ります。

2013年03月21日活動記録

九州地方にて


  • 慰霊碑



「つなぐ」使命、通信事業者にかつて
勤めた者の一人として、入社以来の
DNAとして、今も思いを持ち続けています。

今は、国民の皆さまの声をつないで
法律や政策というかたちにしていく
ことですが、いずれにしても、「つなぐ」
という言葉に思い入れを強く持っている
ことに相違ありません。

第二次大戦中、「つなぐ」使命の下、
殉職された先輩の慰霊碑を訪ねました。

----------
昭和20年6月29日夜半の大空襲に於て
當電話局舎は火の海の中に孤立の状態
となり、猛威をふるう火勢は遂に局舎の防火
鐵扉を焦がし、火焔は屋内に充満して焦熱
地獄の拑堝と化した

この時左の34名は或は連絡報告し乍ら
電話機を抱き、或はブレストを胸にかけ、
プラグを握りしめ、通信の使命を守り其の
職に殉じたその姿は神々しき通信人の
権化であり、鬼神を哭いしむるものであった

茲に當時を偲び尊き殉職者の霊を慰め
事業の鑑として部内従業員の金を以て
この塔を建立する
----------

「つなぐ」使命、政治の側に立つ者にも
求められる大事な使命です。偉大な
先輩方に敬意を表しながら、精一杯の
仕事をしてまいります。


2013年03月20日活動記録

長交中央委員会






長交中央委員会に出席し、日頃の
御礼と夏に向けた決意を申し上げる
機会をいただきました。

6年前もご推薦を頂き、今夏に
おいても、様々な組織事情が
ある中、ご推薦を決定して頂きました。
ありがとうございます。

公営交通の関係は、地域住民の
足として採算が見込みづらい地域
でも、地域住民のために運行を続け
ている場合が少なくありません。

しかしながら、採算が取れる地域に
おいては競争が激化しており、難しい
状況になっているといえます。

公営交通のあり方、地域の交通網
のあり方等、総務委員会でも地方
公営企業法等を所管していますので、
より良いあり方、生活者・勤労者の
立場に立って模索していきたいと
考えています。


2013年03月19日活動記録

九州地方にて






九州地方にて国政報告等の
活動をさせていただいています。

多くの仲間・先輩の皆さまに
お支え頂きながら、日々の国会
活動が出来ていることをかみしめ
ながら、これまでの6年間の報告と
今後取り組みたい施策等について
お話させて頂きました。

取り巻く情勢は大逆風以外の
何者でもありませんが、初心と
感謝の気持ちを携えて、前を
向いて進みたいと思います。

2013年03月13日活動記録

四国地方にて





生まれ故郷のある四国
地方を少しだけ訪れました。

四国も4県とも回ろうとする
と公共交通機関が発達して
いるわけではありませんので、
非常に時間がかかります。

限られた時間ではありました
が、多くの先輩の皆さまに
お目にかかる機会を頂くこと
が出来ました。頑張ります。

2013年03月11日活動記録

東日本大震災から2年





東日本大震災から二年が経過しました。

改めて、犠牲になられた方に
心から哀悼の意を表するとともに、
被災された方全てに心からの
お見舞いを申し上げます。

東日本大震災から二年を迎えた
本日、天皇皇后両陛下のご臨席を
仰ぎ、東京の国立劇場にて東日本
大震災二周年追悼式が執り行われ、
昨年に引き続き、参院議員の一人
として出席致しました。

天皇陛下のおことば、ご遺族代表の
ことばを拝聴し、東日本大震災からの
復旧・復興に対する思い、災害に強い
国と地方を作らねばならない、と国の
責務について改めて強く感じています。

特に、岩手・宮城・福島県のご遺族
代表の方の言葉は、胸に迫りました。
政治の役割、政治が何ができるのかを
自問自答しながら、一つ一つの言葉を
噛みしめ、生命の尊さを感じました。

大震災発生時刻の14時46分には、
被災地をはじめ日本の各地で黙祷が
捧げられたことと思います。私自身も、
式典会場にて様々な思いを抱きながら、
黙祷を捧げました。

復旧・復興を進めること、国民の
生命、身体を守るため、防災減災の
取り組みを強化せねばならないとの
思いを強くしました。

そんな思いを込めながら、先日の
本会議では、消防防災政策について
代表質問を行いました。初当選時から
一貫して防災・災害対策の質疑を
重ねてきましたが、今後もさらに
取り組みを強化してまいります。

                吉川さおり 拝

2013年03月10日活動記録

国政報告





時間外の春闘集会において、激励と
簡単な国政報告を行わせて頂きました。

自動車や一部電機業界、そして
コンビニ業界の正社員を中心とする
一時金に関しては良い内容になって
いますが、今後の企業間格差が懸念
されるところです。

(この点に関しては、本会議でも懸念を
示していますので、別途の項目で書いて
みたいと思います)

国政報告では、この6年、一貫して総務
委員会に所属して仕事をさせて頂いた
ことなどごく簡単にお話させて頂きました。
ありがとうございました。


2013年03月09日活動記録

国政報告





先輩の郡司参議院議員の政治
学習会の後で、JT労組の皆さん
の前で、私も国政報告をさせて
頂きました。

今夏の参院選において、JT労組の
東日本地域の皆さんからご推薦を
頂き、その挨拶を兼ねて国政報告を
しましたが、温かく迎えて下さり、
とても感激しました。

ありがとうございました!

ちなみに、この写真は、郡司参議院
議員
の地元秘書さんから頂きました。
こちらも、ありがとうございます!


2013年03月08日活動記録

国際女性デー





国際女性デー(3月8日)の歴史は、
150年ほど前にさかのぼります。
 
1857年3月8日、ニューヨークの被服
工場で働く女性たちが、低賃金・長時間
労働に抗議を行ったことが起源と言われ、
1908年3月8日には、女性たちが賃金
改善・労働時間の短縮・参政権を求めて
「パンとバラ」を掲げデモを行いました。

賃金・労働条件の向上を表す「パン」と
女性の尊厳・人権の確保を表す「バラ」を
シンボルに、今も世界各国で行動が展開
されています。

その国際女性デー中央集会に、
女性議員の一人として出席しました。

昨年末の総選挙で、民主党は大惨敗し、
多くの女性議員がその議席を失った結果、
衆院においてはたった3人になってしまいました。

国会は唯一の立法府ですが、議員に
占める女性の割合があまりにも低くなって
いる現状は、国民の半数が女性である以上、
意思決定過程に偏りが生じることがあると
言って過言ではありません。

男性も女性もその能力が発揮できる
環境はもちろん、人口減少社会に突入
している我が国は、生産年齢人口も減少
しています。女性の労働力を活用する
ことによって、GDPの底上げができ、経済
成長に結びつけることが出来るというIMF
の試算もあります。

いずれにしても、働きやすい社会を創る
ため、まずは来たるべき7月の決戦に
向けて頑張ります!


2013年03月04日活動記録

雇用、消防・防災、地方行財政関連質疑





吉川さおりWebサイトをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

2007年の初当選以来、国会質疑や
議員立法を通じて、一貫して取り上げ
続けた政策課題は、下記の3点に大別
されます。

○雇用労働(特に若年者雇用)
○消防・防災行政
○地方行財政問題

これまでの6年間で行ってきた質疑を
下記にまとめました(質疑すべてに
関しては、国会質疑録コーナーに概要、
議事録ともに掲載させて頂いています)。

よろしければ、ご覧頂けると幸いです。

[雇用労働(特に若年者雇用)関連]

  2007年11月20日  厚生労働委員会(国会初質問)
  2008年5月14日   本会議(一部)
  2008年12月18日  厚生労働委員会(発議者として答弁)
  2008年12月22日  衆議院厚労委員会(答弁)
  2008年12月24日  衆議院厚労委員会(答弁)
  2009年4月20日   決算委員会
  2009年6月22日   決算委員会
  2010年3月9日    予算委員会
  2011年3月7日     予算委員会


[消防・防災行政]

  2008年4月23日 災害対策特別委員会
  2008年5月15日 総務委員会
  2009年4月1日  災害対策特別委員会
  2009年4月6日  決算委員会
  2009年4月23日  総務委員会
  2010年3月19日   総務委員会
  2010年11月11日 総務委員会
  2011年4月13日  災害対策特別委員会
  2011年5月17日  総務委員会
  2011年10月27日 総務委員会
  2011年11月4日   災害対策特別委員会
  2012年3月23日  災害対策特別委員会
  2012年6月13日  予算委員会
  2012年6月20日  災害対策特別委員会


[地方行財政]

  2008年4月8日  総務委員会
  2012年7月27日 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会
  2012年8月10日 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会

2013年03月02日活動記録

国政報告





東海地方にて、春闘決起集会と
併せて国政報告会の時間を頂き、
国政報告と今夏にかける思いを
お話させて頂きました。

あくまでも生活者の立場に立ち、
初心と原点を忘れることなく、活動
に邁進してまいります!


2013年03月01日活動記録

関東地方にて


  • ネットを通じて挨拶



この日は、関東圏を中心に
活動しました。途中の訪問先に
おいて、中国地方で行われている
会議でネットを通じて挨拶しました。

が、しかし、挨拶をさせて頂いても
即座に聞いていただいている方の
反応が分からないため、なかなか
難しいものがありました・・

今日は物理的に移動ができない
距離でしたから、貴重な機会を頂いた
ことに感謝しつつも、やはり基本は
face to faceだと感じた瞬間でした。

会社員時代に営業でe-learningという
学習法を提案した時期もありましたが、
私自身は働きながら週末だけ必死に
大学院に通った経験(2年間)から、
基本は直接!がモットーになっています。

現職として仕事させて頂く今、思うように
全国各地をお伺いすることが叶わない
状況ですが、出来る限り駆け回ります。


前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー