活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2013年09月26日活動記録

参議院会派研修会


  • 郡司会長挨拶

  • 新任の会派常任役員


参議院民主党の会派研修会が
茨城県で開催され、出席しました。

2年前から東日本大震災の被災地で
開催しており、一昨年は福島、昨年は
宮城、そして今年は郡司議員会長の
地元でもある茨城で開催の運びとなり
ました。

私が6年前初当選した時は、本当に
大所帯での開催でしたから、とても印象
に残りましたが、今回は今回で再出発の
大事な研修会です。

どんな思いがあれ、現実を受け入れ、
一致結束して前を向いて進んでいくしか
ありません。

研修の後、来年の通常国会閉会時まで
所属することになる所属委員会の発表や、
人事の発表が行われました。

私は、総務委員会の筆頭理事を再び務める
とともに、会派の常任役員としてもご指名を
いただきましたので、会派の運営にも微力
ながら精一杯取り組んでまいります。

2013年09月25日活動記録

毎日新聞(朝刊)に記事掲載(9/24)


9月24日の毎日新聞(朝刊)に私に関する
記事が掲載されました。民主党の再生に関する
インタビューを松田論説委員から受けたものです。

党の再生は厳しい道のりですが、それでも
しっかりとした野党として立ち直らねばなりません。

議席に届かなかった仲間の思い、健全な
議論が出来る国会を作るという思いを携え、
活動あるのみで頑張ります。

新聞には、私の顔写真つきでしたが、毎日
新聞のWebページに記事はまだ掲載されて
いますので、宜しければ是非ご覧ください。

-------------------------------------------
一樹百穫:新振り子の原理=専門編集委員・松田喬和
-------------------------------------------

民主党「次の内閣」の官房副長官、吉川沙織
参院議員(36)の議員会館の自室には、6年前、
初当選したばかりの仲間30人と国会議事堂を背に
撮った記念写真が掛かっている。

だが、このうち、7月の参院選で再選されたのは
比例の吉川ら5人。吉川は唇をかむ。「支持基盤の
固まっていない若手が全滅した」。吉川はずっと
「党内最年少の参院議員」のままだ。

民主党議員に「党の再生策は?」と尋ねた。
納得できる策の一つは、55年体制下で自民党が
政権党であり続ける要素となった「振り子の原理」の
新バージョン作りだった。

(続きは、上記URLリンクからご覧いただければ幸いです)


2013年09月24日活動記録

常任幹事会





今回の体制から、党務も一気に増え、
政調会長代理(ネクスト官房副長官)の
ほか、女性委員会の委員長代理も務める
こととなりました。

女性委員会委員長代理として、常任
幹事会に出席し、副委員長の選任と
10月のピンクリボン月間(乳がんの
早期発見、早期治療)についての報告を
行いました。

常任幹事会は、女性委員長の郡衆院議員が
出席されますが、委員長が出席できない場合は
私が出席して意見を述べることになります。

2013年09月17日活動記録

次の内閣(NC)






未だ第185臨時国会は召集されませんが、
着々とそれぞれの課題を取り上げ、議論を
進めています。

と同時に、臨時国会から新たな体制となるに
あたり、私は次の内閣の内閣官房副長官に
就くこととなりました(ほかにネクスト総務副
大臣も兼務します)。

次の内閣(ネクストキャビネット)も新たな
体制となり、閉会中ですが開催しています。

政策調査会の会長代理も仰せつかることと
なり、責任重大ですが、野党第一党としての
責任と国会での充実した議論が果たせるよう
ひとつひとつ取り組みを進めてまいります。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー