活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2014年10月30日活動記録

経産、総務部門会議


  • 経済産業部門会議

  • 中小企業庁長官説明

  • 総務部門会議


経済産業部門会議においては、
今次臨時国会において内閣から
提出されている「官公需についての
中小企業者の受注の確保に関する
法律等の一部を改正する法律案
(中小企業需要創生法案)」について、
経産省(中小企業庁)よりヒアリングを
行いました。

本来であれば、今頃衆議院側で議論が
進んでいなければならない法案だったと
思いますが、大臣辞任等により、日程が
遅れています。

衆議院で質疑が始まるのが11月5日の
予定となっており、まずは衆議院側の審議
の推移を見守りたいと思います。

夕刻は総務部門会議で、引き続き税制
改正要望のヒアリングを行い、今回の
ヒアリングでは情報通信分野の要望を
うかがいました。が、小所帯のわが党で
ありながら、同時刻の会議が多く開催され、
冒頭から最後まで出席したのは、進行役の
議員1名と私だけでした・・・。

2014年10月29日活動記録

総務部門会議


  • 総務部門会議




総務部門会議が定例日の朝と
さらには夕刻にも開会されました。

朝の部門会議では、来年の統一
地方選挙の期日等を決める法案
説明を総務省から聴取し、法案
審査まで行いました。

ちなみにこの法案は、政治倫理の
確立及び選挙制度に関する特別
委員会で議論されることとなりますが、
東日本大震災後の同特別委員会では、
被災地において選挙期日を延長する
法案が審議され、質疑に立ちました。


夕刻の総務部門会議においては、
税制改正要望ヒアリングで地方の
各団体から要望をお聞きしました。

2年前に理事を務めた社会保障と
税の一体改革に関する特別委員会
で、地方の立場に立って質疑をした
ことを思い出しながら要望を拝聴しました。

2014年10月27日活動記録

総務、経産部門会議


  • 総務部門会議

  • 経済産業部門会議


所帯が小さくなった我が党ですが、
今国会になって政調関連の会議が
増えた気がしています。

この日は、時間帯は別に行われた
総務部門等会議、経済産業部門会議
に出席しました。

総務部門等会議では、地方創生関連
法案に関する議論、経済産業部門
会議では税制改正要望ヒアリングを
行いました。

税制改正要望ヒアリングにおいては、
これまで所属していた総務部門会議と
ある側面において逆の要望が出ること
もあり、興味深く要望を拝聴しています。

2014年10月23日活動記録

経済産業委員会(新大臣所信聴取、委員長発言)


  • 委員会開会

  • 宮沢経産大臣所信

  • 委員長発言


10月20日の小渕経済産業大臣の
辞任を受け、宮沢経済産業大臣が
就任したことから、参議院経済産業
委員会は、新大臣から所信を聴取する
ための委員会を開会しました。

本来であれば、立法府として開会する
必要がないはずの委員会でしたが、
大臣辞任、新大臣就任という事態を受け、
開会することになった委員会です。

10月14日の経済産業委員会において
前大臣から所信聴取を行ったばかりで
あり、まさか10日も日を置かずして、10月
23日に新大臣から所信聴取することに
なろうとは思いもしませんでした。

しかしながら、大臣交代に至ったことは
動かし難い事実ですから、新たな大臣
から所信を聴取しないことには立法府として
政策議論や法案審議を前に進めることが
出来ないため、前日の理事懇談会での
合意に基づき、委員会を開会しました。

前大臣の所信聴取から10日も経過して
いないため、新大臣の所信に大差がある
わけでもなく、前大臣の所信と比較し、
短時間で終わりました。

大臣の所信聴取後、立法府の委員会の長
として、一言発言しました。もちろん、前日の
理事懇談会で与野党の皆さんから了承を
いただいた上での発言です。

「この際、一言申し上げます。
本日、宮沢経済産業大臣の所信的内容を
含む就任挨拶を聴取いたしましたが、前大臣
の聴取から日を置かずして、大臣交代の事態に
至ったことは、委員長といたしましては、
誠に遺憾でございます。

政府におかれましては、本委員会の当面
する諸課題は喫緊かつ重大であることに鑑み、
国民各層の幅広い意見を十分踏まえ、
迅速・適正な政策運営に取り組まれるよう
特段の配慮を求めるところであります。」

公正中立である立法府の委員長としての
立場から、政府に対して一言申し上げた後、
委員会散会を宣言しました。

2014年10月22日活動記録

経済産業部門会議


  • 経済産業部門会議



10月20日に小渕経済産業大臣が
辞任、当日夕刻に新大臣が就任した
ことを受け、経済産業委員会としては、
新たな大臣から所信的内容を含む
就任挨拶を聴取する必要が生じたこと、
また、今後の委員会運営について協議が
必要となったことから、理事懇談会を
開会しました。

衆議院に先んじて、宮沢新大臣から
所信的内容を含む就任挨拶を聴取する
ために委員会開会を決定し、さらには
立法府として委員長である私から一言
申し上げることに関しても、理事懇談会
で与野党の皆さまから了承を頂きました。

そんなこんなで早朝から慌ただしい一日
でしたが、夕刻には経済産業部門会議に
おいて税制改正要望ヒアリングを行い、
これに出席しました。

2014年10月17日活動記録

国会見学


  • 国会議事堂正面

  • 国政報告



若手の皆さんが国会見学にお越し
下さいました。久々に国会議事堂
正面で見学に来て下さった皆さんと
集合写真を撮ることが叶いました。

また、見学にお越し頂いた皆さんに
対し、最近の国会の動き、若年層と
政治の関わりについて簡単にお話
させて頂きました。

連日、様々な動きがある国会ですが、
私たちの生活や暮らし、仕事の環境
は国会で決められていることについて、
少しでも関心を持って頂けると幸いです。

2014年10月16日活動記録

経済産業委員会(大臣所信に対する質疑)


  • 委員会開会

  • 小渕経産大臣答弁



内閣改造後、また第187臨時国会
開会後、初めての質疑の場となる
委員会を開会しました。

しかしながら、委員会前日の夕刻より
小渕経済産業大臣に関する報道が
なされ始め、当日の委員会室はテレビ
カメラと記者が所狭しと並ぶ中、委員会
開会を宣言することとなってしまいました。

委員会当日の報道が最初でもあり、
野党の皆さんは大臣に対して事実確認
せざるを得ず、報道された問題に対する
質疑はなされ、これに対する報道ばかり
が先行してしまいましたが、経済産業行政
に関する質疑がほとんどであったことは
申し添えたいと思います。

また、大臣に関する事実確認において、
質疑の中で委員長に対して資料要求が
ありましたので、委員会散会後、理事会を
再開し、当該部分の速記録を理事会メンバー
で確認、認識を共有したうえで、筆頭間
協議に委ねる判断を委員長として行った
次第です。

実質的な最初の質疑が行われた経済
産業委員会でこのような事態になった
ことは非常に残念でしたが、当日朝の
報道であったにも関わらず、小渕大臣は、
分かる範囲で誠実な答弁をされたものと
感じています。

今後も委員会運営において、様々な局面が
あろうかと思いますが、公正中立を旨とし、
立法府の委員長として運営してまいります。


2014年10月14日活動記録

経済産業委員会(委員長就任挨拶、大臣所信聴取)


  • 委員長就任挨拶

  • 第21委員会室

  • 小渕経産大臣所信


第187臨時国会召集日の本会議において、
既に参議院経済産業委員長に選任されて
いましたが、委員長就任後、初めての
委員会開会となった10月14日、委員長
就任挨拶を行いました。

初当選以来、常任委員会の所属は総務
委員会でしたので、初めての経済産業
委員会の委員会室に少し緊張しながら、
委員長挨拶を致しました。

また、委員長就任挨拶後には、先の内閣
改造で経済産業大臣に新たに就任した
小渕経済産業大臣、副大臣、政務官から
経済産業行政に臨む所信的挨拶を聴取しました。

さらに、経済産業委員会では公正取引等に
関する事項も所管しているため、有村公正
取引担当相からも所信を聴取しました。

本格的に経済産業委員会が動き出すこと
となり、常任委員長として公正中立な委員会
運営に務めてまいります。

2014年10月10日活動記録

九州地方にて





九州北部の先輩方の会に出席させて
いただきました。2年ぶりにお目にかかる
方が多く、本当に様々な意味で温かい
激励をいただき、感激しました。

先輩方の前で近況報告をさせて頂き、
その後はさらに移動して、会議で国政
報告をしました。

開会中の国政報告は機会が限られて
しまいますが、それでも出来る限り、全国
各地にお伺いしたいと思っています。

2014年10月09日活動記録

経済産業部門会議


  • 部門会議



経済産業部門会議に出席しました。
これまではほとんど出席する機会に
恵まれなかっただけに、新鮮な気持ち
で出席しました。

平成27年度概算要求と今次臨時国会
に提出予定法案について、経済産業省
からヒアリングを行いました。

思うところ、考えるところは多々あります
が、まずは経済産業行政をしっかり捉え、
委員会運営に臨みます。

経済産業委員会の所管事項は、経済、
産業、貿易及び公正取引等に関する事項
となっています。これまで所属し続けた総務
行政との関わり、関連性、様々な観点から
眺めていくことで、どのような思いで施策を
進めていこうとしているのか、自ずと見えて
くると考えます。


2014年10月08日活動記録

党東京都連大会


  • 司会として登壇

  • 海江田党代表挨拶



党東京都連は、国会にほど近い会館で
第19回定期大会を開催致しました。

私は大会実行委員として司会を担当しました
(随分前から実行委員には決まっていました)。

白大会実行委員長の開催挨拶、松原会長
から都連会長挨拶、また来賓として連合東京
大野会長、海江田党代表からそれぞれ激励の
挨拶を頂きました。

活動報告案、活動方針案等の審議が行われ、
都連執行部人事においても、満場一致で承認
された後、来年の統一選を中心とした大会
アピールが採択され、団結ガンバローを三唱し、
大会を終了しました。

私にとって、久々の都連大会となりました・・・。


2014年10月01日活動記録

総務部門会議


  • 部門会議



総務部門会議に出席しました。

今次臨時国会より、経済産業委員会
の委員長就任に伴い、初めて総務委
員会を離れることになりましたが、
これまでずっと出席し続けてきた総務
部門会議です。

が、これまでの1年間と違うのは運営側
ではないことです。与党時代も総務部門
会議の副座長として運営側でしたし、2期目
の議席を預かってからも同様でした。

これからは違う立場で総務部門会議に
出席し続けようと思います。今国会で
総務委員会にかかる法案はないので、
次回開催はいつになることやら・・・。


前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー