活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2015年09月30日活動記録

経済産業委員会(第189回国会閉会)






第189回国会は、9月25日(金)をもって実質的な
閉会となり、9月27日(日)で245日間の会期を終えました。

安保法案採決をめぐる混乱は、看過できないものですが、
会期末を迎える以上、会期末手続きは与野党出席のもと、
行われました。

私は、昨年9月29日の参議院本会議において
経済産業委員長に選任されて以来、その任を
務めてまいりました。

公正中立を旨とし、この1年間は様々な点に留意し、
委員長としての任にあたってきたつもりです。今次
通常国会では、重要広範議案である電気事業法等の
一部を改正する等の法律
や、今後の企業活動を大きく
変えることになるであろう特許法改正や不正競争防止法
改正等、多くの法案審査に委員長として臨むことができました。

これまでの議員活動の中で、与党筆頭理事や野党筆頭
理事という、それぞれを代表する立場に立つことはあっても、
委員長として、公正中立な立場で委員会を運営することは、
私にとって初めての経験でした。

委員長就任直後には、経産大臣の交代がある等、もちろん
様々な出来事はありましたが、常任委員長としての1年間は、
思いのほか、議会人として、多くの気づきに恵まれました。

そしてまた、委員長としての1年間も、これまで同様、
参院事務局の皆さん、経産省や公取委の皆さん、そして
与野党問わず、多くの議員にお支えいただいて、委員長
としての任をほぼ終えることができました。

お世話になったすべての皆さまに心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

9月27日で閉会した第189回国会は、これからを
生きる世代がこの時代を振り返った時に、間違いなく、
様々な記録が参照される国会になると指摘して過言
ではありません。

それは、安保法の審査内容であり、衆議院における
刑訴法案の審査内容であり、発送電分離を決めた経産委
での電事法等の審査内容であり、これまで従業員のもの
だった特許を企業のものとすることができる変更をした
特許法等の審査内容であり、これら国会での審査内容は、
将来にわたって参照され続ける大事な記録にほかなりません。

かつての国会質疑の中で、会議録の重要性を指摘した
こともありますが、大事な記録だからこそ、日本国憲法
にも会議録の記載があるものと強く認識しています。

次の国会から、立ち位置は変わることになると思いますが、
常任委員長としての経験も活かしながら、初心と感謝の
気持ちを忘れることなく、これからも活動を続けてまいります。

2015年09月17日活動記録

参院特別委員会での安保法案採決強行




2015年9月17日、つい先ほど、安保法案は与党等の
数の力により、参議院特別委員会において採決が強行
されてしまいました。

法案そのものに対する見解は別の機会に譲ることと
して、今回の採決を眼前で見た、その直後の思いを
率直に書き綴りたいと思います。

特別委員会での行政権である政府側の答弁は
安定せず、同じ内容の質疑に対し、衆議院での
答弁と参議院での答弁が全く異なるなど、法的
安定性を疑いかねない事態が頻発していました。

その証左として、総理等の閣僚が答弁に窮する場面が
多発し、やむを得ず特別委員長が速記を止めた回数は、
実質審議が始まった7月28日以降、114回にものぼります。

私は、昨年9月から、常任委員長である経済産業委員長
として、幾つもの法案審議について、委員会運営にあたって
きましたが、やむを得ず、速記を止めなければならなかった
場面は、たった1回だけでした。

速記が幾度も止まる=答弁が安定しない、ということは、
法の解釈が幾らでも変わり、法施行後の運用が安定
しないということにも繋がりかねません。

立法権である国会の委員会として、法案を提出した
行政権である内閣に対し、答弁が安定しない論点を
幾つも放置したまま採決に及ぶことは、与野党の
立場なく、看過できないものと考えます。

さらにいえば、安保法案を審議する特別委員会は、
最終盤において、これまでの参議院では例のない
強引な委員会運営があったことも指摘できます。

例えば、これまで中央公聴会と地方公聴会を連続して
開催した例を私は知りませんが、今回の審議において
は、9月15日に中央公聴会、9月16日に地方公聴会を
開催しています。

この点だけでも、特に問題と思える点がふたつあります。

まず、ひとつ目。

国会という場所は、国会法や議院規則等のルールを
大事にし、議会の先人が与野党問わず積み上げてきた
先例を大切にする場所です。

中央公聴会や地方公聴会は、それぞれ国会法第51条、
国会法第103条に規定がありますが、これらは重要な
案件について学識経験者等から意見を聴き、その後の
委員会審議を充実させるために行うものです。

事実、委員派遣を行ったときは、派遣委員が委員会で
派遣の結果について口頭報告を行い、委員派遣等の
結果を国政に反映させ、立法その他に資することとする、
昭和60年5月24日の参議院議院運営委員会理事会の
申し合わせと委員会先例があります。

にも関わらず、昨日、9月16日に横浜で行われた地方
公聴会の派遣結果の口頭報告が行われなかったばかりか、
意見を活かした形の質疑は全く行われませんでした。

国会法が意図する目的を無視し、公聴会や委員
派遣(地方公聴会)を、与党自ら有名無実化した
ことにほかなりません。

次に、ふたつ目。

これまで、委員派遣(地方公聴会)と委員会開会を
同日に行った例を私は2例しか知りません。昨日、
与党は強行的にそれを行おうとしていたことです。

結果、野党の激しい抵抗もあり、翌日に持ち越すこと
となりましたが、一体全体何のための委員派遣であり、
学識経験者等から広く意見を聴いたのか、という哀しい
思いでいっぱいです。

いずれにせよ、議会の先人が築いてきた先例を、半ば
破る形での委員会運営は、議会に身を置く者の一人と
して、筆舌に尽くし難い思いです。

また、採決の瞬間は、唖然とするものでした。

特別委員長の声も聞こえなければ、誰がどんな
行動をしようとしているのかも分からない。何の
採決をしようとしていて、何に対する発言を誰が
しているのかも分からない。

おそらくですが、特別委員長に対する不信任動議が
否決された後、与党側から質疑終局の動議が直ちに
出され、その後、派遣委員の報告を聴取することもなく、
その成果を活かすための質疑をひとつも行うこともなく、
法案の採決に入ったのだと思われますが、それはとても
酷い光景でした。

国権の最高機関であり、立法権である国会で、こんな
採決が認められるとは思いたくありませんし、議会人と
しては、認められません。

そしてまた、採決段階で、聞き取れる情報は、
なかったはずですので、会議録作成はどんなに
プロの速記者でも不可能だと思います。

委員会先例録では、議場騒然のため、速記不能の
箇所について会議録に補足掲載した例が挙げられ
ていますが、覚書等で補足掲載できるレベルでは
ありません。

議員として国政で活動させていただいて9年目。
最も辛い委員会採決となりました。
しかし、これからまだ本会議があります。

国会での役職上、最前線で動くことはできませんが、
最後まで諦めず、多くの国民の皆さまの思いを少しでも
届けられるよう、参議院議場で踏ん張ります。

最後に、委員会運営は、参院事務局の皆さん
抜きにはありえません。議員として、委員長として、
このことは、いつも感謝しています。

2015年09月16日活動記録

国会内緊急集会





今通常国会、最大の法案である安保法案審議をめぐる
状況が緊迫してきたことを受け、急きょ、国会内で緊急
集会が開かれました。

国会の役職上、外での集会等に出席することは控えて
きましたが、国会内で開かれたこともあり、出席しました。

立法事実の欠如、国民への理解を求めなければ
ならない点、中央公聴会や地方公聴会のあと、質疑を
行わなければならない点、など多くの問題点が山積
したままです。

これらを立法府の一員として、放置したまま採決する
ことは、どうしても看過できません。何より、違憲立法
の疑いが強い法律案を通すということは、日本国憲法
における三権分立の観点から見ても、考えられません。

2015年09月11日活動記録

国会見学






私にとって会社の先輩にあたる皆さんが、
国会にお越しくださいました。といっても、
今回は、定期的にお越しいただいている
先輩も多く、最近の国会情勢をはじめ、
簡単な国政報告と意見交換が中心となりました。

労働法制や安保法案など、大きすぎる与党が
議論が尽くされていないにも関わらず、数の力で
押し切る場面が増えてきていること、国民の理解
を得ぬまま採決の方向に進んでいることなどを
簡単に報告した後、先輩方から多くのご意見を
いただきました。

消費税に対するご意見も頂戴しました。私は、
2回目の選挙の1年前、つまり、今から3年前、
社会保障と税の一体改革に関する特別委員会
の与党理事をつとめました。増え続ける社会保障
費に対応するため、どうしても必要だったこと、今、
一部で議論されている軽減税率に関しては、給付
付き税額控除で対応すべきことなどをお話しました。

党が割れ、仲間が去った議論でもあり、思い出す度、
辛い思い出が蘇りますが、逃げずにいたいと思います。

2015年09月10日活動記録

経産部門会議





前回の経産部門会議は、経産省の概算要求と
税制改正要望について、経産省からヒアリングを
行いましたが、今回は、引き続き経産省から、
概算要求に対する考え方について説明を聴取
しました。

与党が巨大過ぎることは、議会にとってもそうですが、
さまざまな側面で弊害が大きい気がしてなりません。

もう少し緊張感ある国会運営とするためには、野党が
もう少ししっかりしなければ、と思う日々が続きます。

2015年09月09日活動記録

総務部門会議





総務部門会議では、来年度の総務省概算要求に
ついて、総務省よりヒアリングを行いました。例年
どおりの内容もあれば、他省庁と重複している内容
もあり、やはりこれから注視が必要だと感じました。

もっというと、来月にも行われるであろう閣僚人事
等を見て、地方創生、とやらがどの方向に向かって
いくのかも見極めていきたいと思います。

2015年09月03日活動記録

経済産業委員会






経済産業委員会が今国会で審査すべき法案等は、
8月27日の経済産業委員会で全て終了しましたが、
これまでの理事会で、各理事等から経産委員会
所管全般施策に関する質疑の機会を設けるべき、
とのご意見を頂いていたことから、今回の委員会
開会に至りました。

いわゆる「一般質疑」を行うためであり、経産省
所管であれば、政府の姿勢について全般的に
質すことができる貴重な機会です。

普段の委員会は、法案等審査のためですので、原則、
法案等審査に資するための質疑が中心となりますが、
一般質疑であれば、所管内であれば、議員個人として
興味・関心ある分野について、政府の姿勢を委員会の
場で確認することができます。

今回は、オリンピック・パラリンピックのエンブレムに
ついて、経産省特許庁に知的財産権をめぐる問題点
やエネルギー問題、中国に端を発する経済をめぐる
政府の認識等、さまざまな切り口から質疑がなされました。

法案等審査と異なり、一般質疑では各議員の関心
分野や問題意識がより明確になるとともに、答弁に
臨む姿勢等、政府の態度も何となく分かりますので、
委員長として興味深く委員会を進めることができました。

2015年09月02日活動記録

経産部門会議





経済産業部門会議では、平成28年度
経済産業省の概算要求と税制改正要望に
ついて、経済産業省よりヒアリングを行いました。

IoTやロボット、2020年オリパラに向け、
イノベーションによる成長戦略、中小企業
の活性化による経済社会の持続性向上、
省エネルギーや再生可能エネルギー、水素
社会実現に向けがエネルギーミックスの実現
等が概算要求のポイントとして挙げられますが、
他省庁と類似の取り組み等もあり、年末に向けて、
注視が必要だと感じています。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー