活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2015年10月21日活動記録

日本国憲法第53条(臨時会の召集)


○日本国憲法第53条

内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。
いづれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、
内閣は、その召集を決定しなければならない。

○日本国憲法改正草案 第53条
(自由民主党 平成24年4月27日決定)

内閣は、臨時国会の召集を決定することができる。いずれかの
議院の総議員の4分の1以上の要求があったときは、要求が
あった日から20日以内に臨時国会が召集されなければならない。


10月21日、野党5会派等は、衆参両院に対し、
日本国憲法第53条に基づき、臨時会の召集を要求しました。

先日閉会した第189回国会は、国会法第10条に
定められた本来の会期150日間に対し、与党の
一方的な都合で、その6割超にも及ぶ95日間もの
延長を、与党の数の力で決めて、安保法を強行的に
通過させた後は、知らんぷりでは済まされません。

国民に対して、丁寧に説明すると、安保法審議の中でも
政府側は繰り返し答弁していましたし、何より、第189回
国会閉会後は、内閣改造やTPPの大筋合意など、国会で
明らかにすべき問題や課題が山積しています。

よって、野党5会派等は、日本国憲法第53条に基づき、
臨時会の召集を要求しましたが、至極当然のことです。

さらにいえば、平成24年に自民党が決定した憲法改正草案
第53条には、総議員の4分の1以上の要求があったときには、
要求があった日から20日以内に臨時会が召集されなければ
ならない、としています。

また、先日の内閣改造に伴い、衆議院においては、
議長・副議長に次ぐ立場の議院運営委員長が欠けた
状態であり、我が参議院においても、常任委員長も2人
欠けた状態が続いています。

三権分立の観点から見ても、行政権である内閣は改造を
経て体制を確立した以上、立法権である国会も、立法府として、
院の構成を確定するためにも、しっかりと国会を開くべきでしょう。

政府与党は、自己矛盾に陥るべきではありませんし、
だからこそ、臨時国会を召集するものと信じています。

2015年10月14日活動記録

両院議院総会


  • 岡田代表 


  • 郡司参院会長 


第189回国会閉会後初の両院議員総会が開かれました。

来夏の参院選を見据えて、党務委員長等の交代が
発生したため、党役員人事の承認のための両院議員
総会です。

岡田代表の挨拶に続き、党務委員長と次の内閣の
担当NCの交代、郡司参院会長から10月1日に盛岡で
開催した参院議員総会の結果について報告がありました。

来夏の参院選は、議会の構成を緊張感あるものに
できるかどうか、つまり多様な意見が反映される国会に
できるかどうかの分水嶺です。

私も新たな立場で全力を挙げて取り組みます。

2015年10月11日活動記録

国政報告会






会社員時代に勤務していた大阪の地で、国政報告
の機会をいただき、関西各地で開催されていたOB会
への出席後、1時間ほどお話させていただきました。

今回の出席者の中には、私が勤務していたビルの
方がいらっしゃったため、共通の知人は多いだろうな、、
とは思っていましたが、話し始めてすぐ、新入社員時代
から本当にお世話になった先輩の顔が見えて、とても
ビックリしました・・。

議員になる前から知っている方の前で話すのは、
普段から意外と緊張するものですが、今回は、特に
新入社員時代からずっとお世話になった先輩の前で
あることに話し始めて気づき、色々思い出しながら、
最近の国会情勢等についてお話しました。

このタイミングで、その先輩に偶然お会いするということは、
初心と感謝の気持ち忘れずしっかり頑張れ、ということだと、
肝に銘じて活動したいと思います。

今回の件に限らず、最近、会社員時代の先輩や
同期に各地で会えることが多く、ありがたいなぁ、と
思うことがたくさんあります。

新入社員だった頃も、その後も、多くの先輩や上司、
他社の方、そして何より多くのお客様に支えていただき、
何とかやってこれた会社員時代。

今も本当に多くの方にお支えいただいています。
本当にありがたいことです。

2015年10月04日活動記録

参院会派研修会


  • 郡司会長挨拶

  • 挨拶 

  • ガンバロー三唱


10月1日、参院民主会派である民主党・新緑風会は、
岩手・盛岡市内で研修会を開催し、これに出席しました。

毎年、通常国会後に1泊2日で開催しているものですが、
東日本大震災後は、被災地で行っています。今年は、
岩手知事選に引き続き、参院補欠選挙が見込まれた
ことから、ずいぶん前に岩手での開催が決まっていた
ものです。

結果として、与党側の不戦敗により、参院補選は
なくなりましたが、予定どおりの岩手開催となりました。

郡司参院会長あいさつに始まり、岩手県の達増知事や
復興局長の講演、岡田代表のあいさつ等、来夏の参院選
に向けて、会派一同で心あわせを行うことができました。

研修会の最後は、議員総会に切り替えられました。

例年であれば、この場において、次の臨時会からの
会派常任役員や委員会配置の全容等が発表される
のですが、95日間もの延長国会直後だったこと、
次の国会開会時期が明確でないこと等から、今回の
議員総会の場では、新幹事長、新国対委員長と参議院
議院運営委員会新理事の発表と承認のみが行われました。

私は、この1年間の常任委員長とは、また異なる
立場で、重責を担わせていただくこととなりました。

次の国会からも、多くの皆さまにお支えいただきながら、
新たな気持ちと新たな立場で、前進あるのみ、で頑張ります。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー