活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2015年11月20日活動記録

政治学習会





若手の皆さんの前で、国政の現状と課題を中心に
1時間ほどお話する機会をいただきました。

現在の国政は、一強多弱の構成となっており、
緊張感ある議論ができるような情勢ではありません。

だからこそ、議論を打ち切り、採決が強行されてしまう
ことが頻発しているのですが、現状の議席数を概観
することで、議席数の持つ意味と、政治の現状について、
お話させていただきました。

今回は、最初に自己紹介を兼ねて、学生時代に経験
したアルバイトや就職氷河期の話、国政の現状と課題、
情報通信政策の現状、とテーマごとに質疑時間を設け、
それぞれで質問をいただくことができ、とても楽しい時間
となりました。

少しでも政治を身近に感じていただければ、との思いで
あちこちでお話させていただいています(が、写真がない
ので、ほとんどアップできていません・・)。

2015年11月12日活動記録

福島県議選(個人演説会)






東日本大震災の発生を受け、被災地3県においては、
統一選の時期が他県とは異なっていますが、そのうち
の1県である福島県議選の応援に駆け付けました。

東日本大震災の際には、粉骨砕身、福島のために
現職の県議として駆けずり回った私の大事な先輩
県議でしたが、前回の統一選では、300票強で議席
を失う結果となってしまいました。

私にとっては、会社員としても、政治家としても先輩
である「高橋秀樹」県議候補、何としても捲土重来、
復興を前に進めるためには、実績と経験がある
高橋秀樹」さんしかいない、その思いで寒い中、
お集まりいただいた大勢の方の前で訴えました。

厳しい中、民主党公認で正々堂々選挙戦に挑んでいる
高橋候補をはじめとし、支援している多くの方々の気持ち
を考えるならば、党内がまとまっていないかのような誤解を
受ける党所属議員の発言は、厳に慎むべきと強く思います。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー