活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2015年12月28日活動記録

議員総会





今年最後となる会派の議員総会が開かれました。

12月24日10時を期限として、各会派が参議院に
所属議員数を届け出たことにより、参議院における
会派の構成が確定したことによるものです。

会派の構成が確定することで、各委員会の理事や
委員の数が確定することにつながります。よって、今回の
議員総会は、この間の国会対策等の動きをはじめ、
12月14日から始まった議院運営委員会理事会の
動きなどを報告する場となりました。

もちろん、それ以外の重要な幾つかの点についても
会長や幹事長から報告がありましたが、年内に会派
所属議員間で認識の共有を図れたことは良かったと
感じています。

私は、議運理事会での主な動きを幾つか
のポイントに絞って報告させていただきました。

臨時会の召集を求め続けたにも関わらず、憲法を半ば
無視する形で年内の召集を行政権である内閣が見送った
ことは、長い国会の歴史の中で、一年に一度しか国会が
開かれないという事態にもつながり、とても無念ですが、
その分、1月4日に召集される常会に、立法権に身を置く
者として、思いをぶつけていきたいと思います。

そして、今回、常会からの所属委員会が確定しました。

議院運営委員会筆頭理事の内定は、10月1日の
議員総会で承認いただいていましたので、明らかに
なっていましたが、常任1種委員会等は不明のまま
でしたが、総務委員会に復帰です。

[所属委員会]
-------------------------------------------
議院運営委員会(筆頭理事)
総務委員会

-------------------------------------------
初当選以来、特別委員会や調査会に全く所属しない
のは初めてのことです。それだけ、議運が忙しい、と
いうことの証左と捉えて、一層気合いを入れて頑張ります。

そして、2014年9月の参議院本会議で経済産業委員長に
選任されたことで、初当選以降、所属し続けた総務委員会を
一旦離れていましたが、この度、戻ることとなりました。

経済産業委員長としての経験は、経産行政の幅の広さを
実感するとともに、議会人としても、多くの気づきに恵まれました。

委員長として、経産委員会に所属できたことは、本当に
幸せなことでした。これからも、経産省の施策の在り方
と経産行政には関心を持ち続けてまいります。

2015年12月18日活動記録

国会見学






2015年、最後となる国会見学は、女性の皆さんでした。

国会議事堂正面で合流した後、参議院会館に向かい、
そこで偶然、会派の郡司彰議員会長にお会いしました。

急きょでしたが、参加者に、茨城の方もいらっしゃい
ましたし(!)、郡司会長にもご挨拶をいただきました。

その後は、国政の現状と政策課題についてプレゼンし、
テーマの間で質問時間をとらせていただいたところ、
出るわ出るわ、多くの質問を頂戴することができました。

活発な意見交換ができたこと、楽しい雰囲気で終われた
こと、2015年最後の国会見学は、何だか温かい気持ちに
包まれました。ありがとうございました!

この一年間も多くの方に国会にお越しいただきました。
国会でも皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

2015年12月17日活動記録

議院運営委員会理事会





これまで、Webページで明確な言及を避けてきましたが、
12月14日から本格的に動き出しましたので、これからは
少しずつ、ときどき書いていこうと思います。

戦後最長となる95日間もの延長を経て、9月27日に
閉会した第189回国会後、10月1日に、岩手・盛岡で
会派の研修会と議員総会
が行われました。

私は、後者の議員総会の場で、次の国会から、
参議院議院運営委員会の筆頭理事を拝命しました。

議院運営委員会(議運)とは、本会議の議事設定を
はじめ、すべての法案審議の在り方を決める委員会であり、
院の運営すべてにも関わりますので、その役割はとても
大きいといえます。その委員会の筆頭理事を、私が仰せ
つかることとなったのです。

次の国会とは、秋の臨時会であろうと考えていましたが、
10月21日、日本国憲法第53条に基づく野党5党等による、
臨時会の召集要求
も無視する政府・与党の姿勢により、
臨時会が開かれる気配のないまま、時は過ぎていきました。

臨時会は開かぬ一方で、閉会中審査には応じるとの
報道があり、次の国会が召集されなければ、国会法上、
新たな常任委員長を選任する方法はありません。

私は経済産業委員長としての任を残しており、閉会中
審査の可能性があったことと、これまで、公正中立を
旨として活動してきたことから、次の立場での動きを
控えていました。

しかし、臨時会ではなく、常会召集に向けての協議が
始まることとなり、議院運営委員会の理事予定者として
その任にあたることとなりました。憲法の規定どおりに
臨時会が召集されていさえすれば、私の出番は臨時会
召集日、1回目の本会議が終わった後からだったはず
ですが、臨時会が召集される気配のないまま、事ここに
至る、ですから致し方ありません。

よって、議院運営委員会理事会は、理事7名に対し、
私を含め4名が理事予定者として出席し、開会される
こととなりました。もちろん、衆議院は議院運営委員長
が空席のままですから、それに比べれば参議院はまし
なのかもしれません。

(ただし、衆議運理事だけは閉会中、委員会を開かなくとも選任可)

いずれにせよ、閉会中審査では、委員会開会までの
間、与党理事がゼロになってしまった委員会があったり、
行政府と立法府の双方に立場を持っている議員がいたり、
長い国会の歴史の中で今年だけが1年に一度しか
国会が開かれなかったりと、立法府は尋常ではない
状況が頻発し、それが続いているのです。

そもそも、憲法第53条の規定に基づき、臨時会を
召集すべきであるということは、言うまでもありません。

今回の理事会には、冒頭で常会の伝達に官房長官が
お越しになられましたので、これらを強く申し上げました。

行政府は内閣改造によって体制を確立したにも
関わらず、立法府は院の構成が尋常でない状態が続く
ことは看過できませんし、立法府は行政府の下請けでは
ないはずです。

立法府に身を置く議会人としては、与野党の立場
関係なく、疑問に思わねばならない状況であるといえます。

他は、この間、議院運営委員会理事会が開かれていません
でしたので、院全体に関わること等を確認し、最後に私から
懸念事項3点について問題提起し、今後、協議していくことと
なりました。

この度、議院運営委員会の筆頭理事就任予定にあたり、
国会に関係する多くの方からたくさんの激励をいただきました。

国民のための参議院とするべく、また、議会制民主主義を
体現する議会とするためにも、我々、議員の補佐機関である
参議院事務局の皆さんから、多くのより良い知恵を頂きながら、
その職務に邁進してまいります。

そして、議会の先人が築いた先例等を重んじながらも、
参議院の将来を模索し、議会運営に臨んでいく覚悟です。

2015年12月17日活動記録

常任委員長の職務を終えて





2014年9月29日、参議院本会議にて経産委員長に
選任されるまで、常任1種委員会の所属は総務委員会
一筋で7年間過ごしてきました。

常任委員長に選任されたこともあり、経産委員会に
初めて身を置くこととなりました。1年以上にわたり、
本当に多くの方にお支えいただいて、常任委員長と
して、無事に職務を果たすことができました。

誠にありがとうございました。

お世話になった方は、大勢いらっしゃいましたが、
その中には、国会連絡室の皆さんもいらっしゃいます。

もちろん、参議院事務局の委員部や調査室もそうなのですが、
省庁側では、国会連絡室の皆さんがいなければ、法案審議を
進めることができないと言って過言ではありません。

国会連絡室とは、国会と省庁をつなぐ窓口で、参院
会館と道を隔てた建物内に各省庁の国会連絡室が
入っています。

経産省の場合は、国会連絡室と本省の国会担当者が
連携をとる、という構図になっていますが、総務委員会
の時も、省庁側では国会連絡室の皆さんに本当にお世話に
なっており、それは経産委員会に所属してからも同様でした。

国会や各政党の動きを逐一把握し、法案審議に与える
影響を見定め、本省に報告するとともに、委員会が入れば、
議員への質問取りに始まり、政府参考人等の調整・確定、
委員会当日は、大臣等の政務の入退室管理など、常に
参議院(衆議院)委員部と連携して、国会対応の最前線の
役割を担っています。

その皆さんとの忘年会、のはずだったのですが、私の
お疲れ様会というサプライズでした。とても感激しました。

詳細は秘密にしておきますが、とてもとても嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

2015年12月16日活動記録

国会見学





本年最後から数えて2組目となる国会見学でした。

最初に少しだけ簡単な自己紹介をした後、
あとは、ざっくばらんな意見交換となりました。

会社員として働いていたのに、なぜ政治の道に
進んだのか、最近の党を取り巻く現状は、といった
もろもろのやり取りから、政治の重要性について
触れることができました。

今回、とても嬉しかったことがあります。

それは、意見交換を終了して、参加された皆さんが
お帰りになるときのことでした。一人の方がこんな風に
声をかけてくださったのです。

「吉川さん、これからも、ずっと国会で頑張ってくださいね。
みんなの前では言えませんでしたが、絶対引き続き国会で
頑張ってくださいね。」

本当にありがとうございました。
そう仰っていただけるだけで、とても光栄です。

2015年12月14日活動記録

国会見学






12月14日は、私にとって節目の日となりました。

参議院経済産業委員長としての仕事に区切りをつけ、
議会人として、次の仕事が本格的に始まったからです。

そんな節目の日に、3組の国会見学を受け入れました。

これまで、一日2組というのはあっても、3組はなかった
んじゃないのかなぁ、と思いつつ、国会での次の仕事の
時間帯を避けて、すべての皆さんと意見交換ができた
こと、うち1組では1時間のプレゼンと意見交換の時間を
ちゃんと確保できたことに感謝しています。

ただ、1組だけ、ほとんど時間がとれなかったことが、少し心残りです。

受け入れる側は、いつものことであっても、お越し
いただく方にとっては、一生に一度のことかもしれません。

そのことを肝に銘じながら、国会にお越しいただいた
皆さんとの時間と機会を大切にしています。

2015年12月11日活動記録

党企業団体対策委員会






枝野幹事長、羽田企業団体対策委員長とともに、連合の
事務局長から、当面の経済運営及び予算編成等についての
要請をお受けしました。

要望内容は、
○東日本大震災からの復興・再生の着実な推進
○「公平・連帯・納得」の税制改革の実現
○すべての労働者の雇用安定の充実・強化および男女平等参画の着実な推進
○「全世代支援型」社会保障制度のさらなる推進
○教育の機会均等実現に向けた政策の推進――の5項目です。

枝野幹事長からは、政府・与党の進める予算編成や
施策は、軽減税率をはじめさまざまな部分で、特に『暮らしの
安心』という観点から国民生活とはずいぶんかけ離れている
と感じている、との挨拶がありました。

私自身、2期目の選挙の1年前、仲間が次々と党を離れて
いく中、社会保障と税の一体改革特別委員会で、与党理事
として、税に向き合ってきた経緯から、昨今の税の話題に
ついては、表現し難い辛い思いを抱えています。

年が改まり、機会があれば、思うところを記すかもしれません。

2015年12月10日活動記録

建設労働議員懇談会





建設労働議員懇談会に出席しました。

技術継承の問題や担い手確保の問題等、
地域建設産業の再生に向けた課題について
全建総連の書記長から説明を受け、出席議員
の間で認識を深めました。

そういえば、先月、いつもお世話になっている
地元徳島のフレッセ50周年記念式典に出席
させて頂きましたが、その際の写真もないんですよね・・。

フレッセ50周年記念式典は、盛会でしたし、
いつもお世話になっている方はもちろん、懐かしい
方にもお会いでき、有意義な時間となりました。

2015年12月09日活動記録

H11同期会




同期会に参加しました。

同期は同期でも、当選同期ではなく、入社同期の
同期会で「H11同期会」と銘打って、年に数回行っています。

私は会社を退職して既に何年も経ちますが、会社で
活躍中の同期も、会社を辞めて新たな道を歩んでいる
同期も、同期は同期なので、関係なく集まっています。

私が大学を卒業して、会社員として社会に出たのは1999年。
平成11年入社ですので、社内では「11(いちいち)」で通ります。

私は、平成18年7月末日をもって会社を退職しましたが、
入社したときはNTTで、退職したときはNTT西日本でした。

平成11年7月に、NTTが再編成されたためですが、
私たち、「11」が最後のNTT1社入社だったのです。

「11」は、最後の1社入社でしたので、NTT東にも
NTTコミュニケーションズや研究所にも同期がいますし、
ドコモやグループ会社に転籍・出向して活躍している
同期も多くいます。

退職組は退職組で、起業して大活躍している同期、広告
代理店でメディアに引っ張りだこの同期、カリスマ研修講師
の同期、外資系で実力発揮中の同期など、「11」ならでは、
です。

私たち、「11」が就職活動をした1998年は、その前年に
山一證券等の名だたる企業が倒産するなど、就職氷河期真っ只中。

私は同じ大学の先輩の面接を幾度も経たうえで、人事部
面接に辿り着き、そこからまた何度も面接を経て内定を得た、
いわゆる「リクルーター採用」でしたが、よく通ったもんだなぁ、
と未だによく思います。

私は、運とめぐり合わせに恵まれただけです。
だからこそ、就職氷河期問題は、ライフワークのひとつなのです。

これからも初心と感謝の気持ちを忘れることなく活動します。

最後は、ダイナミックループ1本締め!
やっぱり同期はいいものですね。

2015年12月08日活動記録

国会見学





早いもので今年も残すところ1か月を切りました。

今年も多くの方に国会にお越しいただきましたが、
本年の国会見学予定者は、来週で終わりですが、
来週は立て続けにお迎えすることとなります。

今回は、若手の皆さんと意見交換。

限られた時間となってしまいましたが、
「政治なんて興味ないんです」という率直な意見を
いただきました。

早朝から深夜まで、仕事に追われて生活していれば、
確かにそうかもしれません。私自身の会社員時代のこと
を振り返ってみても、同世代は比較的その傾向が強かった
ように思います。

だからこそ、「無関心であったとしても、無関係でいられない
のが政治」であること、「若い世代が特に関心を持たなければ、
ますます若年層が生きにくい政治」になってしまうことをお伝え
しました。

2015年12月05日活動記録

議員総会


  • 郡司会長

  • 水野議員入会挨拶


1か月ぶりとなる会派の議員総会が開会されました。

日本国憲法第53条に基づき、総議員の4分の1以上を
大幅に上回る84名もの署名を添えて、臨時会の開会
要求を続けているにも関わらず、政府・与党に応じる気配
はありません。

行政権と立法権の関係を考えたとき、様々な観点から
問題があると指摘せざるを得ませんが、現時点で、臨時会
が召集されていないのは事実です。

そこで、最近の国会情勢と今後の見通しについて、会派
所属議員間で認識を共有するため、議員総会が開会された
のです。

議員総会に先立ち、会派の常任役員会も開催されました。

私は、1年ぶりに会派の常任役員として、
常任役員会に出席することとなりました。

なお、議員総会では、国会情勢報告に加え、無所属議員
1名の会派入りが了承され、会派議員数は、59名となりました。

そして、今回の議員総会から、座席が前方になりました。
国会召集に向けて、慌ただしい日々が始まることになりそうです。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー