活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2016年03月31日活動記録

総務委員会で質疑(3/31)






総務委員会で質疑に立ちました。

3月は、一度も質疑に立つ予定はないはずだったの
ですが、諸事情により、1週間で70分、45分、40分
と3回連続で質疑に立ったことになります。

急きょの側面は否めませんでしたが、国会で質疑に
臨めることのありがたさを、久々の質疑に立ち、感じて
います。やはり、1年半、常任委員長であったため、自ら
質疑に立つ、ということが全くできなかったからでしょうか。

年度末最後の総務委員会の審議は、NHK予算案です。

今のNHK会長になってから、一連のNHK問題には、
これまで何度も質疑に臨んできましたが、予算案審議で
質疑に立ったのは、久々でした。

また、今回は2月8日以来の放送法第4条に対する
見解について、大臣に確認を行う場ともなりました。

いずれにせよ、NHK予算案は、今のNHK会長になるまで、
私は全会一致しか知りませんでしたし、質疑の内容は
厳しくとも、全会一致があるべき姿だと承知しています。

それが、残念ながら3年連続崩れてしまったこと、委員会の
中で不適切な会長発言があり、結果、本会議の開会時刻に
影響をもたらしたこと、何とも表現し難い思いでいます。

NHK問題や放送法の解釈については、機会があれば、
となりますが、引き続き質していきたいと考えています。

いずれ、国会質疑録コーナーに詳細をアップしたいと
思いますが、取り急ぎ、pdf版の議事録をアップいたします。
よろしければご覧下さい。


〇平成28年度NHK予算案(質疑項目)

(1) 放送法と公共放送 [総務大臣、NHK会長]
1-1. 放送法の性格と公共放送 (NHK会長)
1-2. 放送法に関する大臣発言が社会問題化した理由 (総務大臣)

1-3. 総務大臣の従来答弁との相違 (総務大臣)
1-4. 2月12日の政府統一見解と従来答弁との相違 (総務大臣)
1-5. 放送事業者の自律性の確保 (NHK会長)

(2) NHKと視聴者の接触率の変化 [NHK会長、経営委員長]

2-1. 2015年11月全国個人視聴率結果に対する見解 (NHK会長)
2-2. 四半期業務報告における指標数値に対する見解 (経営委員長)

(3) NHKを取り巻く不祥事への対処 [NHK会長、経営委員長、監査委員]
3-1. NHKガバナンス調査委員会報告書/約5,600万円に対する所見 (NHK会長)
3-2. 不祥事に対する姿勢 (NHK会長、監査委員)

(4) 執行部の在り方と会長の責任 [NHK会長、経営委員長、監査委員]
4-1. NHK執行部(会長以下役員)の現状 (NHK会長)
4-2. 現在の理事の現状(欠員状態)と理事の分掌状況 (NHK会長)

4-3. 会長の業績評価 (経営委員長、監査委員)

2016年03月28日活動記録

国会見学






春休みの機会を利用して、親子で国会見学に
お越しくださいました。といっても、参議院は年度末。

年度内に結論を出さねばならない日切れ法案の
審議や結党後に伴う様々な手続きが立て込んでおり、
十分な時間を取ることは叶いませんでしたが、
意見交換をさせていただくことが出来ました。

新党結党直後ということもあり、今後、党は
どうなるのか、民主党政権下での子ども・子育て
政策への応援と現政権の子ども政策等について
多くの意見をいただきました。

政党名が変わり、思うことはたくさんありますが、
あらためて、初心と原点を見つめ直して、思いを
新たに前を向いて進んでいきたいと思います。

2016年03月25日活動記録

総務委員会で質疑(3/24)






総務委員会で質疑に立ちました。

3月23日の総務委員会に引き続き、突然の
出番となりましたが、連日の質疑に臨みました。

今回は、急きょ設定された一般質疑で、
公共放送の在り方に関する件に関する質疑
となりました。

2年前の2014年1月25日、NHK会長の就任
会見に端を発する公共放送を取り巻く混乱について
2年前は、総務委員会の筆頭理事として幾度も
質疑を重ねました。

この間、公共放送NHKを取り巻く状況は改善
するどころか、不祥事の連鎖が止まらず、混迷を
深める一方です。視聴者・国民の代表として、
公共放送が重大な局面にあるとの認識の下で、
約2年ぶりに45分の質疑に臨みました(前回は
110分間
でした)。

今回は、総務委員会を離れていた期間に起こった
不祥事等を含めて、個別の事態についての確認を
中心に質疑を行いました。

取り急ぎ、pdf版の議事録をアップいたします。
よろしければご覧下さい。


〇NHK問題に関する集中審議(質疑項目)

(1) 公共放送を取り巻く混乱への対処 [NHK会長、経営委員長]
(2) NHK会長の言動に伴う放送法第73条との関係 [NHK会長、経営委員長、監査委員]
(3) 最近の不祥事に関する経緯 [NHK会長、経営委員長、監査委員]

2016年03月24日活動記録

総務委員会で質疑(3/23)






総務委員会で質疑に立ちました。

諸事情により、急な出番となりましたが、
2年前の地方税・地方交付税法の質疑、
4年前の社会保障と税の一体改革特委での
税制抜本改革法の質疑を踏まえつつ、
久々の総務委員会での質疑に臨みました。

総務委員会での質疑は、2014年6月17日の
110分の質疑が最後で、その後は経産委員長
でしたので、質疑に立つことはありませんでした。

今国会に入ってから、議院運営委員会の
筆頭理事として、議運委では簡単な質疑
立ってはいますが、法案審査での質疑は、
本当に久々となりました。

地方の立場で質疑に臨み、これまでの
質疑や、最近連続して提出している質問
主意書の政府答弁も踏まえながら、約70分間、
次に繋がる質疑を行うことはできたと思います。

質疑内容の詳細は、今後、国会質疑録
コーナーにアップさせていただく予定
ですが、当分後になるかもしれませんし、
そろそろリニューアルも考えないといけません・・・。
取り急ぎ、pdf版の議事録をアップいたします。
よろしければご覧下さい。


〇地方税法等の一部を改正する法律案、地方交付税等の一部を改正する法律案(質疑項目)

(1)  立法府に対する法案提出の在り方  [総務大臣、総務省]
(2)  地方交付税の別枠加算  [総務省、財務省]
(3)  歳出特別枠に対する見解  [総務省、財務省]
(4)  平成28年度地財計画と財政審の建議  [総務省、財務省]
(5)  平成28年度地方交付税に対する見解  [総務省]
(6)  地方税の偏在是正  [総務大臣、総務省]
(7)  軽減税率制度導入に伴う地方への影響  [総務省、財務省]

2016年03月21日活動記録

阿南市合併10周年記念式典






徳島県阿南市の合併10周年記念式典が開かれました。

阿南市は、今から10年前の2006年3月、
羽ノ浦町、那賀川両町と合併し、今の阿南市
となりました。

約500人が出席する中、合併10周年記念
式典が行われ、岩浅市長は「記念すべき日を
迎えられたのは、市民の皆さんのたゆまぬ努力の
たまもの。地方分権時代にふさわしい自立した
行政運営を行い、夢と希望があふれるまちづくりを
推進したい」と挨拶されました。

私も挨拶に立ち、平成の大合併の真価はこれから
問われること、地方分権時代だからこそ、首長と
議会の役割が一層大きくなること、住民参加の
地方自治が真に必要に迫られること、そして、
2年前の台風11・12号襲来の際には、岩浅市長や
市議の皆さんとともに現場
を歩かせていただき、
災害対策特別委員会の場で取り上げたことなどを
お話させていただきました。

私の出生地は徳島市ですが、ルーツは阿南にもあります。
記念すべき日に、多くの阿南市民の皆さまと
時間を共にできたことを心から感謝しています。

2016年03月18日活動記録

森林環境政策議員懇



  • 郡司会長挨拶


森林環境政策議員懇談会に出席しました。

最初に、議員懇談会の会長であり、会派の
議員会長でもある郡司議員から挨拶があり、
その後は、林野労組から「森林・林業基本
計画」の推進についての説明を受け、続いて
林野庁から計画の変更について説明を受けました。

森林には、土砂災害を防止するための多面的
機能を有する側面があることは、日本学術会議の
答申でも明らかですし、質疑の中でも取り上げた
ことがあります。

担い手の問題等、多くの課題を抱えていますが、
我が国は森林面積も多く、真剣に取り組まなければ
ならない政策課題です。

2016年03月17日活動記録

国会見学






東京の先輩の皆さまが国会にお越しくださり、
時間の関係上、国会議事堂正面だけとなって
しまいましたが、一瞬だけでも先輩の皆さまに
お会いできて嬉しかったです。

花粉の飛散量は多かったようですが、天候に
恵まれ、ゆっくり見学していただけたのではないか
と思っています。
それにしても、すっかり春らしくなりましたね。

2016年03月16日活動記録

議員総会





議院運営委員会理事会、委員会の後、
急いで議員総会室に向かい、いつもどおり、
議運の報告を行いました。

当日の議事日程や次回の本会議日程など、
会派所属議員にお知らせすべき事項などを、
議員総会の場で毎回お伝えしています。

次回の本会議は、先日議運理事会の場
事前報道があったのではないか、との懸念が
出た国会同意人事案件などの採決です。

総務委員会は、年度内に処理をしなければ
ならない日切れ法案を必ず抱えていますので、
年度末の日程はいつも気になるのですが、
今年は議運理事という立場でも色々気になります。

2016年03月14日活動記録

党企業団体対策委員会






東日本大震災から5年が経ちました。

一人一人が被災地に心を寄せ、震災を風化
させることなく、復興のためにできることをしていく
ことを決意を新たにした一日となりました。

もちろん、政府主催の東日本大震災5周年
追悼式にも出席し、天皇陛下のお言葉はもちろん、
被災3県のご遺族代表の言葉には身につまされる
思いでした。

政府主催の追悼式に出席後、急ぎ国会内に戻り、
党企業団体対策委員会の副委員長として、東日本
大震災の被災地である連合東北3県の事務局長から
東日本大震災の復興に向けた施策に関する要望書を
お預かりしました。

復興財源の確保および被災自治体への継続的支援
では、復興財源の確保と被災自治体への財政側面を
含めたきめ細かな配慮や被災地域の雇用のミスマッチ
解消や労働安全衛生対策の強化、ひとが中心のまち
づくりの実現など、一つひとつが重い要望内容です。

そしてまた、心のケアに対する課題、コミュニティ再生の
在り方、風化への懸念、情報の提供や共有の重要性に
ついて、3県それぞれのご意見をうかがい、意見交換を
行いました。

自治体連携や心のケアについては、継続性が特に
重要であると改めて感じました。国会に身を置く者の
ひとりとして、しっかり対応していきたいと思います。

2016年03月12日活動記録

政治学習会





東北地方で若年層の皆さんの前で、仕事と政治、
生活と政治との関わりについてお話させていただきました。

普段の仕事や生活に追われていれば、政治との
関わりを実感することは、あまりないかもしれません。

でも、政治は仕事とも生活とも直結しています。
そしてまた、今後の社会保障も政治が決めていきます。

私は初当選の時から、若い世代の政治参加の必要性を
事あるごとに訴えてきましたが、投票率に見られるとおり、
思うように進展していないのが現実です。

政治での意思決定が、世代間でバランスの良いそれに
なるようにするためにも、若い世代の政治参加は不可欠
です。昨年は、18歳選挙権の啓発活動イベントにも参加
させていただきましたが、なかなか難しいというのが本音
ですが、地道でも訴えかけていきたいと思います。

2016年03月11日活動記録

議員総会





本会議前の議員総会では、いつもどおり、
議運理事会や議院運営委員会の報告を行いました。

東日本大震災から5回目の3月11日を迎えました。
ひとり一人が被災地に心を寄せ、復興に思いを致し、
震災を風化させないことを改めて誓う一日でもあります。

震災以降、この日に本会議を開会するのは初めて
となってしまいましたが、参議院は、憲法第60条の
規定により、衆議院から予算案が送られてから30日で
自然成立してしまうこと、年度内に結論を出さなければ
国民生活に甚大な影響が及んでしまう税法の審議など、
限られた日数の中で議論をせねばならない側面がある
ため、この日の朝、本会議で地方税法等の審議入りを
することとしたのです。

本会議の議場には弔旗が、そして冒頭では議長から
哀悼の言葉が述べられ、午後の政府主催の追悼式では
岩手・宮城・福島3県のご遺族代表の言葉を聞いて、
改めて復興に資するための政治の一翼を立法府の人間
として行わねばならない、との決意を新たにしました。

2016年03月10日活動記録

総務委員会



  • 難波議員質疑


総務委員会では、総務大臣の所信に対する
質疑が行われました。

大臣所信に対する質疑ですので、総務行政
に関わる幅広い分野がその対象となります。

質疑に立つ議員の関心分野はもちろん、質疑を
通じて、総務行政全般に関わる課題も把握する
ことができます。

私自身は総務委員会に復帰はしたものの、当分
質疑に立つ予定もなく、しばらく出番はなさそう
ですが、その分、議院運営委員会で院の運営に
尽力したいと思っています。

それにしても、行政府である政府の緩みが随所に
出てきている気がしてなりません。この総務委員会
でも政務の1人が居眠りを繰り返していたからです。

私の知る限り、総務委員会に、これまでこのような
政務は誰ひとりとしていませんでした。非常に残念です。

今後、改善が見られず、委員会運営そのものにも
及ぶようであれば、重大な問題であると言わざるを
得ませんので注視しています。

2016年03月09日活動記録

総務部門会議





総務部門会議では、平成28年度NHK予算案の
ヒアリングを行いました。昨年は、部門会議には
出ていたものの、経済産業委員長の任にあったため、
質疑に立つことは100%ありませんでしたので、ある
意味、議論を横目で眺めるほかありませんでした。

今年は、総務委員会に復帰したこともあり、
昨年とは違う思いで部門会議に臨んでいます。

といっても、部門会議の時刻が衆院で統一会派を
組んだ影響で一定せず、議院運営委員会との関係で
出られないことが多くなってしまっています。

今月、総務委員会で質疑に立つ予定はありませんが、
一昨年、NHK問題で1人で長時間の質疑に立ち続けた
ことなどを思い出しながら、再びこの問題に向き合い
たいと思います。

2016年03月09日活動記録

議院運営委員会



  • 人事官候補者所信



3月4日の議運理事会で国会同意人事案件として
提示があった8機関41名のうち、人事院の人事官に
ついては、議運委員会で所信を聴取し、質疑を行う
対象ポストとされています。

よって、議院運営委員会は、人事官候補者
(再任)から所信を聴取し、質疑を行いました。

私は議運の場では質疑を行いませんでしたが、
初当選以来、ほぼ所属し続けている総務委員会は、
2年前の5月末まで人事院に属する事項を所管して
いたこともあり、公務部門の人事政策には多大な
関心を持ち続けています。

国家公務員制度は、国の行政の円滑な運営を確保する
ための基盤となる重要な制度です。よって、公務員は
国民の行政に対する信頼を得るように、全体の奉仕者と
しての自覚を常に持ち、自らの専門性を高めながら、
セクショナリズムに陥ることなく行政を展開していく必要が
あると、人事官候補者は所信の中で表明されました。

その後の質疑の中で、興味深いやり取りが
ありましたので、少しだけ記しておきたいと思います。

来月から、フレックスタイム制度を導入することが
できるようになりますが、これに関連して、こんな
答弁が印象に残りました。

長年、公務の職場が全員そろって一斉に仕事をする
ことで公務は上手く回ると思って進んできたものの、
柔軟な働き方によってワーク・ライフ・バランスを進めるとか、
多様な人材を得られるとか、働き方についても変えていくのが
いいのではないか、との答弁がありました。

もちろん、これが馴染まない職場もあるとは思いますが、
働き方の多様化は進展してしかるべきだと考えています。
参議院は、国会対応がありますから難しい側面もあるとは
思いますが、運用できる部署においては、制度の導入を
進めて欲しい旨、1月の議運理事会で意見表明したところです。

また、今後の課題として、人員の年齢構成に関して言及が
ありました。40歳代以上の人が従前より大幅に増え、20代、
30代の人が従前より非常に少ない、ということです。今後、
行政の質が維持できるか否か、という大きな問題を抱えて
いることになりますので、しっかり注視していきたいと思います。

そして、今回特に印象が残ったのは、管理職の業務管理の
仕方と管理職に対する人事評価、二種・三種採用の幹部
登用の在り方についてです。

参議院においても、種別を問わず優秀な職員は大勢います。
私個人の詳細な思いは控えますが、人事官候補者が「各省が
上への道をつくっていけるように背中を押していきたい」と
答弁されたように、二種だから、三種だからこのポスト、では
なく、個々人の能力にあった柔軟な人事を望みたいと思います。

今回の人事官候補者は、人事院一筋で公務部門に
おける人事政策を真剣に考えてこられたということは、
短い所信質疑の中でも十分に伝わってくる方でした。

2016年03月08日活動記録

国際女性デー





3月8日は、国際女性デーです。

国際女性デーの中央集会に出席しました。
党の女性議員数人とともに、多くの集会参加者
の前で挨拶の機会をいただきました。

今、政権が高々と掲げている「一億総活躍社会」や
「女性が輝く社会」は、本当にそうしようとしているのか?
と思わざるを得ない側面が、残念ながら多々あります。

男性だからとか、女性だからとかではなく、
男性も女性も関係なく、望めば誰もが誇りを
持って働くことのできる環境をつくることが
私の目標のひとつです。

2016年03月04日活動記録

就職氷河期世代の現状と若年者雇用






連合月例政策ミーティングで講演しました。

前回開催は、昨年8月で郡司彰参議院議員会長による
農政改革に関する講演で、今回は私が講師を務めました。

色々考えた結果、初当選・初質問時から取り上げて
いる「就職氷河期世代の現状と若年者雇用」をテーマ
とすることに決めました。

私が就職活動したのは、1998年(平成10年)です。

当時、絶対に潰れないだろうと言われていた山一証券を
筆頭に多くの企業が倒れていき、多くの企業が採用の
門戸を大幅に狭めた、もしくは閉ざした時代です。

私は、本当に運と縁と巡り合わせに恵まれて、正社員と
して社会に出ることができましたが、靴の底をどれだけ
すり減らして活動をしても、卒業式直前までリクルート
スーツに身を包んで懸命に活動をしても、思うように
就職できなかった同世代、友人知人が多くいました。

私たちの世代には、「自己責任」という名の下に、政治の
光があたることはありませんでした。ただ、でも、学校を卒業
しようとしたときの経済状況で、その若者の一生が左右され、
軌道修正が叶わないような事態を放置すべきではありません。

だからこそ、私は国会初質問議員立法、国会
質疑を通じて、この問題を取り上げ続けてきました。

二期目に入ってからは、常任委員長の任に就いたこと等
もあり、この課題から少し遠ざかっていましたが、今回の講演
を機に、多くの資料を取り寄せ、昔集めた論文を引っ張り出し、
改めて勉強し直しました。

私たちの世代は、40代に差しかかっています。新卒時の
就職活動に恵まれず、非正規として社会に出た同世代は、
未だに多くが望まずして非正規雇用を余儀なくされています。

これは、総務省労働力調査等からも明らかです。

また、この世代が年金受給世代になった時、多くの被保護者が
生まれ、生活保護費をはじめとする社会保障費が増大する試算
も存在しています。

残念ながら、この事実が社会で広く認識されているとは言い
難い状況であるうえ、今回改めて最新の資料にあたったことで、
問題が一層深刻化していることを実感しました。

しかも、30代後半から40代半ばの就職氷河期世代の政府の
施策は、ほぼ皆無に等しい状況で、完全に置き去りにされています。

こんな状況で、どこが「一億総活躍社会」なのか分かりませんが、
この世代のひとりとして、今ある事実、これから迎えるかもしれない
状況について、改めて訴えていきたいと思います。

2016年03月04日活動記録

議院運営委員会理事会(同意人事)





今国会2回目となる国会同意人事提示のため、
衆参議院運営委員会理事会が同時刻にセットされました。

事前に内閣総務官室から、今回の同意人事案件は
8機関42名だと説明を受けていましたので、そうなるもの
と思っていましたところ、提示当日の新聞1紙が、朝刊で
同意人事で提示になる候補者1名について報道しました。

これまで、内閣が提示する日銀総裁等の国会同意
人事案件は、事前に情報が漏れ、報道されたことがあり、
これまで衆参議運理事会等において、人事案の事前
報道はあるべき姿ではなく、もしそうなったときは人事案
そのものの撤回や調査・報告等の申し合わせが何度も
なされてきた経緯があります。

また、昨年の同時期の議運理事会当日においても事前
報道があり、提示そのものが翌日になったこともあります。

よって、今回の報道が事前報道にあたるのか否か、議運
理事会に出席した内閣官房副長官に事実を確認することから
始めざるを得ませんでした。

何度もやり取りをしましたが、結果として、内閣としては報道
された人に決めた事実はなく、報道した新聞社に尋ねて欲しい
とのことでしたので、事前報道ではないとのスタンスでした。

事前報道でないとそこまで断言するのであれば、議運理事会
としては、大事な国会同意人事ですから受けないわけには
いきません。

そこで、従前から説明を受けていたとおり、8機関42名の提示で
よいか認識を問うと、調整が整わず、1名を減じた8機関41名の
提示としたい、とその場での説明となりました。

それならば、理事会前日に説明があってしかるべきですし、
どのように客観的にとらえても、朝刊に1名の人事報道があった
から、1名を除いた形での提示になったとしか考えられません。

まるで、コントのようなやり取りとなりましたが、致し方ありません。
理事会の休憩を挟みながら、8機関41名の提示を受けました。

今の議会構成に鑑みれば、衆議院でも参議院でも政府が
提示する国会同意人事案件が不同意になることはありません。

不同意になることはない、という安定の中で、緩い人事管理が
あったようにしか思えず、とても残念な同意人事提示となりました。

2016年03月03日活動記録

両院議員懇談会


  • 代表挨拶



両院議員懇談会が党本部で開かれ、出席しました。

野党連携と党合流に伴う代表や幹事長から
報告を受け、出席議員からの質疑や意見が
交わされる場となりました。

私は、これまで同様、同僚議員の意見にひたすら
耳を傾ましたが、それぞれに思うことがたくさんあります。

ただ、この今の流れは既に不可避なものでしょうから、
党に所属する議員の一人としては、黙って推移を見守り
たいと思います。

2016年03月03日活動記録

リトアニア共和国国会議長一行参議院訪問






参議院の招待により来日したロレータ・グロウジニエネ
リトアニア共和国国会議長一行が参議院を訪問され、
議長、副議長、議運委員長とともに議院運営委員会
理事のひとりとして、議長応接室での懇談に出席しました。

議長からは、日本の国会議長として、初めてリトアニア
を公式訪問したこと等が述べられ、グロウジニエネ議長
からは、日本とリトアニアの交流の歴史と強い絆の存在、
「杉原リスト」のユネスコ世界記憶遺産への登録を支持
する旨が述べられました。

「杉原リスト」とは、1940年、リトアニアの日本領事館の
領事代理を務めていた杉原千畝氏によって、ユダヤ人
難民に発給された日本通過ビザの記録のことです。

1940年7月、ビザを求めたユダヤ人難民が領事館へ
押し寄せたため、杉原氏は本国の命令に反してユダヤ人
難民にビザを発給を続け、これによって救われたユダヤ人の
数は、少なくとも6000人に上ると言われています。

今回の懇談の場で、グロウジニエネ議長からは、このこと
には触れないわけにはいかない、との前置きがあった上で、
「杉原リスト」のユネスコ世界記憶遺産への全面支持の
表明があったのです。

両国の関係が益々強固なものとなるよう、願った時間でした。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー