活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2016年12月29日活動記録

議院運営委員会で意見表明(12/14)






延長国会最終日の12月14日は、急きょの本会議
登壇に加え、これまた突然、議院運営委員会で
意見表明をすることとなりました。

議運委での意見表明は、全くのノー原稿でした。

議長不信任決議案に続き、私たちの会派が議場内で
提出した内閣総理大臣問責決議案は、議長不信任
決議案と同様、本会議で扱われるべき案件であるにも
関わらず、与党が扱う判断を避けたからです。

問責に値する理由は、決議案に幾つもの理由を記載して
おり、扱われない理由を探す方がむしろ困難である状況
でしたし、何より決議案としての要件を満たしていました。

しかしながら、与党は問責決議案を扱わないということを
またしても数の力で決したのです。

そのようなことを数の力で押し切る以上、問責に値する
理由を、そしてそれが数の力によって扱われなかったと
いうことを、議運委の会議録に残さねばならない、そんな
思いで、急きょの意見表明に臨みました。

問責に値する理由は幾つもありましたが、私自身が
こだわりを持ち、今年の常会で数度にわたって同じ
テーマで質問主意書を出し続けた、行政府から
立法府への法案提出の在り方について、取り
上げることにしました。

立法府は、行政府の下請け機関ではありません。

開かれた国会の場で、法案の問題点や課題を明らか
にし、より良い法律をつくり、その運用をしていくための
議論をしなければならないにも関わらず、ここ数年、
国会に何本もの法律がまとめて1本で提出される束ね
法案の割合が急増しているのです。

これが国会での議論を制約し、論点を分かり辛くし、
国会議員の表決権を奪い、結果として国民の皆さまに
どのような法律が実際に議論されていたのかを見え辛く
しているのです。

立法府の矜持として、与党に議席がある議員も、
野党に議席がある議員も、本件に関し、問題意識
を強く持つべきだと考えています。

今臨時会の最大のテーマであったTPP関連法案も、
11本もの法案が1本に束ねて国会に提出されましたし、
法案を束ねたことによって、採決は1回のみになります。

別々に国会に提出されてさえいれば、法案ごとに賛否は
変わることもありますし、TPPに関連する具体的な法律名
も明らかになったことは言うでもありません。

そして、急きょの意見表明の最後に指摘したことは、
今回のカジノ法案についてです。衆参の内閣委員会
会議録を読んで気になった箇所がありました。

カジノ法案は議員立法として提出されましたが、
現行刑法においてカジノは賭博罪にあたり、違法です。

内閣提出法律案として提出できないから、議員立法と
いう形をとったということを認めた法案提出者の答弁を
引用し、まさか議員立法で国会の再延長をすることは
ないだろう、ということを指摘して意見表明を終えました。

2016年12月28日活動記録

本会議で討論(12/14)






12月14日は、当初会期11月30日から
13日間延長された延長国会の会期末でした。

延長の原因をつくったのは、TPP承認案、
関連法案の衆議院の審議に際し、閣僚等に
よる立法府を冒涜する繰り返しの発言、政府と
巨大与党の驕りと緩みが原因ですから、大義
なき会期の延長に、私たちはそもそも反対でした。

しかし、その延長国会に入ってから、与野党の
合意を基本とする議員立法であるにも関わらず、
与野党間で合意が全く調わないカジノ法案が
衆議院内閣委員会で強行的に審議入りしたうえ、
たった5時間33分の質疑のみで採決が強行され、
異常な形で参議院に送付されてきたのです。

もちろん、そのような形で送付されてきた議員
立法の参議院での審議入りについては、議運
理事会の場でも一貫して強く反対し続けましたが、
数の力には叶わず、審議入りする以上、開かれた
国会の場での審議に応じてきました。

そのような中、迎えた延長国会最終日。

延長国会の最終日は、カジノ法案の取扱いを巡って
巨大与党に対し数の力が遠く及ばない中、野党
第一会派として、最後の力を振り絞ったという形容
がふさわしいのではないかと個人的に感じています。

参議院議員定数242に対し、私たちの会派所属
議員数は、たった50です。できることも取り得る
手段も限られています。しかしながら、良識の府
としてできること、その対応を会派の三役に一任し、
その結論について議運筆頭理事として精一杯やった
という形になり、急きょの本会議討論にも臨みました。

しかしながら、まさか内閣提出法律案ではない、
議員立法のしかもカジノ法案1本のみで、会期を
「再」延長するとは思いもしませんでした。

結果として、政府はカジノ法案1本の成立を
期すため、会期を3日間「再」延長し、12月
17日までとしたのです。

今回の臨時国会は、私たちの会派が数を50に
まで減らして初めての国会でしたが、多くのことを
学び、考えさせられる国会となりました。

私は、議院運営委員会の筆頭理事として、参議院
通常選挙を経て1年間を通じて議院運営の最前線
に立たせていただいたことになります。

この1年を通じて改めて強く感じたことは、
三権分立の均衡、抑制関係が崩れつつある
のではないか、ということです。

今は、行政府である内閣が強すぎます。

例えば、内閣提出法案の提出の仕方ひとつ
とってみても、国会への束ね法案割合のここ
数年の顕著な増加等、法案提出の在り方を
はじめ、審議の在り方、与党内でも十分に
意見を言えない雰囲気等が醸成されている
ような気がしてなりません。

私は立法府に身を置く議会人として、そして
また議会のチェック機能を果たす野党第一会派の
1人として、国民に開かれた国会の場で少しでも
多くの議論ができるよう、決してあきらめることなく
精一杯努力を続けてまいります。

2016年12月16日活動記録

国会見学





国会は、延長国会最終日だった12月14日夜、
自民党はカジノ法案のために会期を3日間、
再延長しましたが、審議と会期末処理はすべて
終わっているため、国会内は静かなものでした。

そんな中、会社の先輩が大学のゼミで教えて
いる関係で、そのゼミ生の皆さんが国会見学に
来て下さいました。

4月に社会人になる方、大学院に進学する方、
それぞれでしたが、全員が礼儀正しく、学生らしく、
爽やかでとても楽しい時間になりました。

若い世代と政治の関わりについては、国会や
政治が遠い世界のことだから、関心を持てない
という意見、多数決というのは理解するが、良い
イメージが持てないという意見など、私自身が
政治の世界に飛び込む前に持っていた意見と
重なる部分が多くありました。

様々な偶然と出会いが重なり合い、今、私は
参議院に貴重な議席を預けていただき、国会
という場所で仕事をさせていただいています。

政治が遠い世界のことにならないよう、私
自身がこの世界に飛び込む前に抱き続けて
いた感覚を忘れず、どんなことがあろうとも、
政治に真摯に向き合い、少しでも政治が身近な
ものになるよう、これからも努力していきます。

2016年12月09日活動記録

議員総会





TPP承認案・関連法案の採決のための本会議です。

米国次期大統領が、来年1月の就任当日にTPP
離脱を明言している中、虚しい審議となってしまい
ましたが、条約に関しては衆議院で可決してから
30日経てば、自然成立してしまうという憲法第61条
の規定により、参議院は意思を示しました。

TPP関連法案は、11法案の束ね法案です。

今年の通常国会で「束ね法案に関する質問主意書」
を3回にわたって提出しました。その後、束ね法案が
抱える問題点について、多くの議員が質疑の中で
取り上げてくれるようになり、問題提起して良かった
と思っています。

これからも立法府に議席を預かる者のひとりとして、
国民の皆さまに少しでも見えやすく、論点が伝わり
やすい国会審議になるよう、出来る限りの努力を
続けていくつもりです。

○参考

束ね法案に関する質問主意書」 2016年2月3日
束ね法案に関する再質問主意書」 2016年2月15日
束ね法案に関する第三回質問主意書」 2016年3月9日※
※TPP関連法案が束ねられて国会提出された翌日です

2016年12月08日活動記録

党郵政議員連盟






党の郵政議員連盟が開かれ、これに出席しました。

早いもので、私が総務委員会の与党筆頭理事
として、その最前線に立ち会うこととなった郵政
法案の改正から4年以上が経過しました。

当時は与党といえど、参議院では過半数を
持たない与党であり、しかも複数大臣に野党
であった自民党から問責決議案が提出されて
おり、審議が簡単にできる状況にありませんでした。

でも、本当に多くの方に支えていただき、助けて
いただき、奇跡的に参議院総務委員会での審議
入りが叶いました。

ひとりでは何もできません。それは会社員時代も
そして今も一緒です。どんな局面に立たされようとも
多くの方に支えていただいているということを忘れずに、
ひとつひとつの物事に対峙していきたいと思います。

2016年12月07日活動記録

議員総会


  • 議運理事会


  • 議員総会


衆議院から異常な形で参議院に送付されてきた
カジノ法案(IR法案)についての取り扱いで、議運
理事会を複数回にわたって開会しました。

カジノ法案(IR法案)は、議員立法です。

これまで議員立法は、ほとんどの与野党の合意を
得たものに限り、委員会で審査してきた経緯があります。
しかしながら、今回のカジノ法案は、あまりに強引です。

多くの課題や問題点を抱えているにも関わらず、衆議院
内閣委員会での強引な審議入りに始まり、たった5時間
33分の審議での採決強行。さらには、与党議員が質疑
時間を持て余して般若心経を唱え出す。

参議院ですんなり審議に入るわけにはいきません。
議運理事会の再開も反対しましたが、委員長の権限で
理事会が再開され、本会議でのカジノ法案の審議入りも
委員長の権限で決まってしまいました。

しかしながら、審議する以上は、衆議院の足らざる点を
補う審議が必要です。本会議での趣旨説明・質疑に続き、
参議院内閣委員会での充実した審議が求められます。

カジノ法案の取り扱いを巡り、本会議の開会が10分遅れました。

2016年12月05日活動記録

総務委員会視察(NHK)


  • 地上BS放送送出室 

  • NHK会議室 


参議院総務委員会メンバーで、NHKの視察を
行いました。2年前の4月、2014年4月22日
にもNHKへの視察
を行っています。

当時は、NHK会長就任後、NHK会長等の言動
が原因でNHK内部も国会も大揺れでした。私は
総務委員会の筆頭理事として、一人で110分間、
90分間など長時間の質疑に立つなど公共放送の
在り方を問い続けていた頃です。

昨年は経済産業委員長を務めていたことから
しばらく質疑に立つことはありませんでしたが、今は
再び総務委員会の委員として、今年はNHK予算案
等の審議で会長と3回対峙しました。

今回のNHK視察は2年前の内容とほぼ同じで
したが、意見交換の陣容など、全体的な内容は
2年前の視察の方が充実していたと思います。

今回は、概要説明を受けた後、国際放送スタジオ
と地上・BS放送送出室を視察し、8Kコンテンツを
視聴しました。その後は、会長等との意見交換と
なりましたが、今回は発言を控えました。

なぜなら、視察翌日の経営委員会で次期会長が
選任されるとの報道が大きくなされており、その
結果を受けてからにしようと考えたからです。

いずれにせよ、現NHK会長の就任後の3年は
NHKが公共放送としての在り方や立ち位置を
問われ続けた3年だったと思います。

また、人事等の側面でも今回の視察を通じて
如実に実感したことがあります。今年4月14日の
総務委員会でも指摘しましたが、技術系出身では
ない人をNHK理事である技師長に過去を通じて
初めて任命したり、理事としての経験が短い人を
45年ぶりに1年で専務理事に任命したりと混乱を
極めました。

また、この間に退任していった理事の退任挨拶は
悲痛なものでした。公共放送人として誇りを持って
いた理事が、退任挨拶で悲痛な挨拶を繰り返さざる
を得なかった3年でもありました。

これまでのNHK理事、専務理事は、話さなくとも
佇まいだけで公共放送たるNHKを背負っている
雰囲気を感じられましたが、残念ながら今回は
それをあまり感じられませんでした。もしかしたら、
現会長に異を唱えない人だけが理事や専務理事に
登用されたのではないかとの思いが頭をよぎります。

混乱の極みにあった3年の立て直しは、次の
会長が何方になろうとも大変なことだと思っています。

なお、報道は会長人事ばかりを取り上げていますが、
放送法上、会長と任期を一にする副会長人事の方が
個人的には注目しています。

公共放送は国民・視聴者のためにあります。
国民・視聴者の代表として、しっかり見ていきたいと思います。

2016年12月04日活動記録

四国横断自動車道・吉野川大橋工事安全祈願祭






四国横断自動車道の吉野川大橋工事の
本格着手に伴う安全祈願祭に出席しました。

私のプロフィールページに、高校時代の
自転車通学の写真を1枚掲載していますが、
吉野川橋の上で同級生に撮ってもらった1枚です。

吉野川は四国三郎と言われる大きな川です。

今、下流に近い橋では、高校時代に雨の日も
風の日も皆勤賞でしたので、本当に毎日通った
吉野川橋、吉野川大橋、2012年に完成したばかり
の阿波しらさぎ大橋(現在の最下流)があります。

今回、安全祈願祭が行われたのは、阿波しらさぎ
大橋よりさらに吉野川の最下流に架かることになる
県南へと繋がる高速道路の橋です。

私は徳島市で生まれ、徳島市に近い県北
出身ですので、県北に位置する徳島空港も
関西に出るための淡路島も近いのですが、
県南に出かけるときは、距離はもちろん、道路
事情から気合いを入れて出かけることが
多かったように思います。

環境保全の課題等については、検討会で
議論を重ねられたようですし、つくると決まった
以上、合区となってしまった徳島の地域経済の
発展に寄与するものであれば、無事に一日も早く
完成することを徳島県人としては望みます。

2016年12月02日活動記録

党団体交流委員会






幹事長、羽田団体交流委員長とともに、党の
団体交流委員会副委員長として、連合から
「当面の経済運営および予算編成等に関する
要望書」を受けました。

要請書では、

1. 震災からの復興・再生の着実な推進
2. 経済・産業政策と雇用政策の一体的推進および中小企業・地域産業の支援強化
3. 「公平・連帯・納得」の税制改革の実現
4. 労働者保護ルールの堅持・強化およびすべての労働者の雇用の安定
5. 「全世帯支援型」社会保障制度の基盤と人材確保策の拡充
6. 教育の機会均等実現と環境整備に向けた政策の推進
7. 共通投票所の設置ならびに期日前投票時間の弾力的な設定の積極的な実施

に関して提案がありました。

臨時国会は14日間延長となりましたが、この
国会でも継続案件となっている労働基準法
改正案はとても審議できる状況ではなく、来年の
通常国会で審議されることになると考えられます。

生活者・勤労者の立場に立ち、これまでも、今も、
そしてこれからも巨大与党に対峙していきたいと思います。

2016年12月01日活動記録

議院運営理事会・委員会


  • 議院運営委員会


衆議院の与党等は、11月25日の厚生労働委員会、
11月29日の衆議院本会議で、年金制度改革法案の
採決を強行しました。

年金制度改革法案は、衆議院でほとんどの
野党が反対する中で採決が強行され、不正常な
形で参議院に送付されてきました。

にも関わらず、12月2日の参議院本会議で、早々に
審議入りしたい、との与党の申し出があり、12月1日の
参議院議運理事会は夜まで協議が調いませんでした。

午前の議運理事会後、夕方まで断続的に筆頭間
協議を行いましたが、それでも折り合わず、最後は
議運委員長の職権で、20時20分から議運委員会が
セットされました。

与党が圧倒的多数の委員を持つ委員会での
採決によって、年金制度改革法案の審議入りの
議事が決まることとなってしまいました。

ここまで協議が調わなかった理由として、以下の
点が挙げられます。

○年金制度改革法案は衆議院で重要広範議案に
分類されており、30時間程度が目安であるにも
関わらず、19時間の審議しか行われておらず、
大きな制度改正が伴う以上、審議が不十分であること

○衆議院厚生労働委員会は、9回の委員会中、
7回もの委員会が委員長の職権でセットされていること

○その他(議長の問題)

よって、審議時間の側面と委員会運営の側面、
双方において、大きな問題があったからです。

そもそも今回の法改正が必要になったのは、
「100年安心」と政府がうたった平成16年改正時
の想定が甘かったため、大幅な制度改正の必要が
生じ、国会に提出されたものであり、だからこそ
充分な審議時間が必須なのです。少なくとも、会期を
ほんの少し延長して、審議できる内容ではありません。

もちろん、今回の法改正には評価できる部分も
含まれており、個人的にはしっかり審議すべきだと
いう立場です。

しかしながら、衆議院で重要広範議案(総理入りの
本会議で審議が始まり、委員会の最後にも総理が
入る大事な法案)に分類された法案の参議院の
審議は、審議に入ってから20日間の審議日程の
確保をと、議会の先人が衆議院に求めてきたという
経緯があります。

事実、私が常任委員長を務めた際、重要広範
議案の審査には、20日間程度の時間をかけて
審議して採決しています。

今から審議をしても、延長国会の12月14日まで
では、再考の府の参議院で20日以上の時間はなく、
十分な審議日程の確保にはなりません。

ましてや会期の再延長などは言語道断です。

最後は、与党の数の力で本会議に同法案の審議
入りの議事が追加されることとなってしまいましたが、
審議入りする以上は、開かれた国会の場で問題点と
課題を明らかにしていくほかありません。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー