活動報告
活動記録
国会質疑録
事務所だより

2018年02月22日活動記録

国民生活・経済に関する調査会






この日のテーマは「高齢者をめぐる格差への取組」
で、前回の調査会と同様、3人の参考人から意見を
聴取した後、参考人に対する自由質疑が行われ、質疑
する機会をいただきました。

今回の参考人が、大学教授・高齢者の方を中心に
事業を行う経営者・NPO法人代表理事で、高齢者を
めぐる格差への取り組みとして、アプローチする
手法は違えど社会を良くするための活動です。最初に、
高齢者は何歳からという見解をお持ちかをうかがいました。

3人の資料には、65歳以上が高齢者との前提で記載が
あり、一般的にもそう言われることが多いのですが、
あらためて3人の参考人にお伺いしました。

○70歳で生活が大きく変わる客観的な調査があることから、
70過ぎたあたりから本格的な高齢者政策を考えていく視点が必要。
ただ、格差は60歳以前でも出ていることに留意。

○各企業の就労が65歳であったり、一般的な定義はそうだが、
80歳でも活躍している方はいるので、働ける年齢層を広げたり
可能性を広げることが必要。

また、現役世代の孤立化について参考人から言及が
あったことから、生活保護の視点から参考人に意見を
うかがいました。現在の生活保護の被保護人員のうち、
65歳以上の方が全体の45.5%を占めている現状に鑑み、
就職氷河期世代が65歳を迎えたとき、今よりさらに
社会に与える影響が大きくなってしまう可能性について
見解をうかがいました。

2018年02月20日活動記録

NTT R&Dフォーラム2018






今年もNTT R&Dフォーラムに参加させていただきました。

AIやIoT時代の本格到来や2020年に向けて、
NTTの研究成果を発表する展示会です。先月、
ドコモで5Gの実用化に向けた取り組みを
見学したのに続いて、最先端の技術を直接
目にすることは国会を離れて、大きな刺激に
なりました。

今年の展示テーマは、以下のとおりです。

○メディア&UI
○corevo(NTTグループのAI関連技術)
○IoT
○ネットワーク&セキュリティ
○基礎研究

海外で実際の消防士の訓練に使用されている
VR(Virtual Relity)は本格的で、訓練用ホースで
私も消火訓練を体験させていただきました。

多くのブースを見学させていただき、会社員
時代のことを懐かしく思うと同時に、見学途中に
先輩社員から声をかけて頂くことも多く、今の
この情勢だからか、余計に嬉しかったです。

2020年の後には固定電話の在り方も大きく
変わることとなり、今年の総務委員会では
電気通信事業法の改正案も審議される予定です。
今後の動きも注視していきたいと思います。

R&Dフォーラム見学の後には、毎年恒例、お隣の
技術資料館にも足を運び、黒電話に触れてきました。

2018年02月19日活動記録

国会見学






国会見学の中で、女性の皆さんの前で
国政報告をさせていただきました。

開会中の国会情勢や、現在の与党と野党の
議席差と国会運営上の関係、「女性活躍」と
言葉は踊りますが、最新の男女平等ランキング
では、日本はG7の中で最下位、かつ144か国
中の114位でその前より3つも順位を下げて
いることや課題についてお話しました。

それでふと思い出すと、
「地方創生」「女性活躍」「一億総活躍」
「働き方改革」「生産性革命・人づくり革命」と
毎年スローガンは変わっていますが、実際はどう
なんだろう、、とふと考え込んでしまいました。

2018年02月14日活動記録

国民生活・経済に関する調査会






議運理事を卒業した後、久々に調査会の所属と
なり、今国会は、「国民生活・経済に関する
調査会」の委員として議論に参加します。

調査会は衆議院には存在しない組織であり、
任期が6年と安定した参議院の特性を活かし、
長期的な視野に基づいて参院議員の半数改選まで
その調査会で議論を行います。

実際に、2016年参院選後には、議運理事会で
どのような調査会に設置するか議論した記憶が
鮮明に残っています。

ちなみに、その当時は常任委員長のポストを巡って
与党の一部に混乱があり、調査会の議論にも若干影響が
あったような記憶がありますが、本来、政局に左右され
ないのが調査会でもあり、存在する以上は機能させるべき
との思いです。

この日のテーマは「若年層を巡る格差への取り組み」で、
3人の参考人から意見を聴取した後、参考人に対する
自由質疑が行われ、私も発言する機会をいただきました。

初当選時からずっと取り組んでいる就職氷河期世代への
問題と絡めて、これまで若年層の問題にとどまっていた
氷河期世代が40歳代を迎えていることに関連し、8050
問題、7040問題や引きこもりの長期化・高年齢化等に
ついて見解をうかがいました。

前月の記事へ
次月の記事へ

バックナンバー