吉川さおりコラム

2009年7月22日衆議院解散・総選挙


鳩山代表
岡田幹事長

いよいよ政権選択の夏がやってきました。

その瞬間を肌で感じるため、私にとって
2度目となる衆議院本会議場に足を運びました。

1度目は、昨年末に私自身が法案提出者として
参議院から提出した緊急雇用対策4法案の衆院
採決(与党多数により否決)を、そして2度目となる
今回は衆院解散の瞬間を見届けるため、衆議院
本会議場の傍聴席(参院議員席)に向かいました。

衆議院本会議場は高揚した雰囲気、また全ての
傍聴席(傍聴席には様々な種類があります)が人で
溢れかえっている状態の中、紫のふくさが届けられ、
衆院議長から解散が宣言されました。

私自身、国会に送っていただいて2年近くに
なりますが、この間、民意を一度も問うことなく、
総理大臣が2代続けてその職責を投げ出す形と
なっていたことから、ようやくの解散です。

いよいよ政治が変わる時だと感じています。

今までの政治が働いても報われにくい社会を
つくってきたのであれば、若い世代が明日に夢や
希望を持てない社会をつくってきたのであれば、
格差を拡大するような政策を推し進めてきたのであれば、
今こそ一人ひとりの力で変える時です。

これまでの政治を大きく変えるため、生活者第一の
政治を実現するために、私自身も微力ながら全国各地で
政権交代の必要性を訴えてまいります。